2010年3月8日

【アクノリッジメント】なぜ、新しい配属先では「儀式」が必要なのか?

● 今回のテクニック:【アクノリッジメント(4)】

アクノリッジメント(アクノリッジ)とは、相手に関心を寄せて承認し、その
ことを肯定的な言葉で伝えることである。
 
どのようなときも感謝の気持ちを忘れず、相手の可能性だけを見つめることに
より、行動の変革を促すことができるようになる。
 
承認することを目的とするぐらいに、承認を意識することが重要である。
 
承認が目的になってしまうと心が伴わない、と思われる方も多いだろうが、そ
れを気にしていたら何もできない。
 
「気持ちはあとからついてくる」
 
と考えるようにして、まずは「相手を承認する」という体験を積むことにフォ
ーカスして取り組むぐらいがちょうどよい。

※ 詳しくは → http://www.attax.co.jp/blog/2009/06/post_251.html


───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


営業マン :
「部長、昨夜はあんなに手厚い歓迎会を開いていただいて本当にありがとう
ございました」


マネージャー :
「いい、いい。そんなバカ丁寧に挨拶こられたら、こそばゆいわ」


営業マン :
「私に関するクイズ大会まであるなんて、ビックリしました。私の配属先が
決まってから庶務の方々がいろいろヒアリングするので、なんでかなと思っ
てたんですけど……」


マネージャー :
「あのクイズ大会はオモロかったな。君のことがようくわかった」


営業マン :
「部長……」


マネージャー :
「小学校のとき絵画コンクールで1位になったんだろ。んで他に何あった?
ああ、高校時代はバスケット部でセンターとして活躍したんだったよな。今
は磯釣りが趣味ときたもんだ」


営業マン :
「ええ……」


マネージャー :
「でっかいイシダイを昨年釣り上げたってか? たいしたもんじゃないか。
うちの課にきてからも、でっかい商談を釣り上げてくれよ。ハッハッハ!」


営業マン :
「部長——」


マネージャー :
「何だ? なァに、しみったれた顔してんだ。辛気臭いだろ」


営業マン :
「……部長ですよね、私を呼んでくれたのは」


マネージャー :
「はァ?」


営業マン :
「昨年秋に私の取引先が倒産し、4000万の貸倒れ損失をもたらしたのは
私だってことは全従業員が知っています。それによって会社がどれだけの損
害を被ったか……。役員報酬はすべてカットされています。昨年のボーナス
も全員が半額以下になりました」


マネージャー :
「……」


営業マン :
「クビになって当たり前の私を、かばってくれたのは部長おひとりだと聞き
ました。役員会で体はってくれた、と」


マネージャー :
「……」


営業マン :
「こんな私を引き取ってくれ、さらにあんな歓迎会までしていただけるなん
て……。私は——」


マネージャー :
「泣くな」


営業マン :
「……はい。すみません」


マネージャー :
「昨夜、みんなから寄せ書きもらっただろ」


営業マン :
「はい、いただきました。ここに持ってきています」


マネージャー :
「君の素晴らしいところを一言ずつ書けと言った。みんなたくさんありすぎ
て困るって言ってたぞ」


営業マン :
「部長……」


マネージャー :
「ほら、見てみろ。笑顔が素晴らしい。ぽっこりお腹は貫禄がある。見た目
はちょっと強面ですけど、根は優しそうとか、いろいろ書いてあるぞ。ハッ
ハッハ! みんな君の美点、持ち味をたくさん見つけてる」


営業マン :
「私はそんな素晴らしい人間じゃ……。また皆さんに迷惑をかけるんじゃな
いかと思って、その——」


マネージャー :
「バカヤロウ!」


営業マン :
「ひィッ……」


マネージャー :
「……」


営業マン :
「す、すみません……」


マネージャー :
「1月から3月まで、2ヶ月会社を休んでいろいろ考えたんだろ? もうい
いじゃないか。昨日のアレは儀式だ。儀式があると過去をリセットできる。
文字通り『ゼロからのスタート』だ。誰もが君の素晴らしいところを認めて
いる」


営業マン :
「……」


マネージャー :
「うちの組織には君が必要なんだ。失敗を恐れるんじゃねェよ。何かあって
も俺が全部かぶる。いいな」


営業マン :
「はい。ありがとうございます」


マネージャー :
「どんよりした話はこれで終わりだ。行くぞ、挨拶まわりだ」

……やはり多くの方が関心がある「与信管理」。

毎回アナウンスしていますが、すでに名古屋・東京で10名以上の申込みがあ
ります。

こんな時代だからこそ、与信事故があってからでは遅いのです! ぜひセミナ
ーにお越しください。


●『驚愕!!「与信管理」の強化で売上がアップする4つのステップ』
【名古屋 3/30】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00726.html
【東京  4/ 7】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00727.html
【大阪  4/ 8】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00728.html

 ※ これほど実践的な与信管理セミナーは、他に存在しません!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

私は、ひょっとすると「<逆>サザエさん症候群」かもしれません。

「サザエさん症候群」というのは、皆さんご存知ですか。日曜日の夕方ごろ
(サザエさんの放映時間ごろ)になると、翌日の仕事や学校のことを思い巡ら
せて憂鬱になる症状のことです。

営業の方の中には「サザエさん症候群」の方も多いと聞きます。皆さんは大
丈夫ですか。

※ 調べてみますと、この「サザエさん症候群」というのは、けっこうな社会
問題になっているようですね。

私の場合は<逆>です。

一週間、全国を飛び回ってセミナー・講演、コンサルティングをして金曜日
や土曜日に家に帰ってきたときにはクタクタになっています。前回の編集後
記にも書きましたが、帰宅したときにはもう家族と話ができないぐらいの疲
労感・倦怠感に見舞われています。

そのままの状態で土曜、日曜も過ごします。

家族と一緒にどこかへ行きたい。ドライブでもしたい、と考えても、なかな
か体が言うことをききません。

1日に何度もソファに上に寝転がってうたた寝をします。すると3歳の娘が
近寄ってきて私の顔やお腹をポンポンと触ってきたりします。

「ダメだよ、お父さんは疲れてるんだから」

娘をたしなめるのは、6歳の息子の役目です。

娘はそう言われるとソファの近くに置いてあるブランケットを持ってきて、
無言で私の体の上に掛けてきます。そしてそのブランケットをとても丁寧な
所作で、端と端を私の体の形に沿うようにあてがいながら、何度も掛けなお
すのです。

その所作がまるで映画「おくりびと」の納棺師の身ごなしに似ていて、ちょ
っと複雑な気分になりますが、まァ、ありがたいことに変わりありません。

そんな風に、最近の週末は妙な倦怠感に包まれたまま送ってしまうのですが、
信じられないことに日曜日の夕方ぐらいになると、途端に体調が快復してき
ます。

そしてあろうことか、月曜の朝にはもう「絶好調」になっていて、「今週も
がんばれそうだなァ!」と張り切って私は出勤(出張)できるのです。

そんな私を羨ましい、という人もいるかもしれませんが、私は仕事をするた
めに仕事をしているわけではありません。家族のために仕事をしているので
す。

ですから、こんな「<逆>サザエさん症候群」になっていては、いけません
よね。以前、この編集後記に「幸せとは、会いたい人に、会いたいときに、
会えること」と書きました。そのために心も体も、そして時間的にも、経済
的にも豊かになっていたいと。

私が会いたい人は、まず第一に家族です。心身ともに健全な状態で会ってい
たいと私は常に願っています。仕事はそのための「手段」です。手段を目的
化してはいけませんよね。気をつけないと。

━━<セミナー案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【有料セミナー】
●『土曜・話し方教室プレミアム』
 ※ 会話術のテクニックを脳科学的に説明いたします。
【東京  3/13】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00721.html
【名古屋 3/20】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00722.html

●『驚愕!!「与信管理」の強化で売上がアップする4つのステップ』
 ※ やはり人気が高いです、このセミナー!
【名古屋 3/30】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00726.html
【東京  4/ 7】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00727.html
【大阪  4/ 8】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00728.html

※ すべてのセミナー
http://www.attax.co.jp/seminar/archive/genre/article.tag%2E0011.html