2010年8月23日

【イエスセット】朝礼の「グッド&ニュー」と「コミットメントリスト」

● 今回のテクニック:【イエスセット(12)】

イエスセットとは、相手(部下)が必ず「イエス」と答える質問を繰り返し、
「同意」を促す手法。

コミュニケーションをコントロールしやすくすることが目的である。「ハイ」
と手を挙げさせて催眠にかける「催眠商法」と原理は似ている。

打合せをはじめる冒頭に3、4回(2回程度では少ない)必ず相手が「はい」
もしくは「そうですね」と答える質問を繰り返し、本題に入ると効果的と言わ
れている。

※ 詳しくは → http://attax-sales.jp/blog/000129.html

───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「おはよ、今日は朝からメチャクチャ暑いな」


営業マン :
「ええ、いつまで続くんでしょうね。この暑さ」


マネージャー :
「最高気温、今日は36度ぐらいまでいくらしいよね?」


営業マン :
「はい。外に出るのがキツイですよ」


マネージャー :
「それでさ、俺も今日は10件まわらなくちゃいけないから、水分補給のた
めに1リットルサイズの『アルプス天然水』を買ってきたよ。ところでアル
プス天然水って軟水だよね?」


営業マン :
「ええ。軟水ですね」


マネージャー :
「君がいつも飲んでるのは『エビアン』だったよね?」


営業マン :
「はい、エビアンです」


マネージャー :
「エビアンって硬水だよね?」


営業マン :
「ああ、確かにエビアンは硬水ですよね」


マネージャー :
「軟水のほうが俺は飲みやすいと思うんだけど、どうして硬水のエビアンに
してるの?」


営業マン :
「硬水のほうがミネラルが豊富だからですよ。慣れれば問題ないと思います
けど」


マネージャー :
「そうか。硬水のほうがミネラルが豊富で、慣れれば問題ないんだね?」


営業マン :
「ええ、そうです。水は水ですからね……」


マネージャー :
「ところで明日から朝礼のやり方を変えようと思ってるんだ。俺からの部長
連絡を口頭で伝えるのはやめにして、皆の1日の行動スケジュールをテンポ
良く発表する。いいよね?」


営業マン :
「え? ええ。わかりました」


マネージャー :
「続いて『グッド&ニュー』を話して欲しい。『昨日の良かった出来事』を
発表してほしいんだ」


営業マン :
「良かった出来事、ですか……」


マネージャー :
「どんな小さなことでもいいんだよ。お客様とのことだけじゃなく、電車の
中でお年寄りに席を譲ったら感謝された、とか。そんなことでもいい。毎日
毎日『昨日の良かった出来事』を朝から発表する習慣が身につくと、毎日良
いことを見つけようと意識するようになる。そう思うだろ?」


営業マン :
「あ、はい……。そうですね」


マネージャー :
「それと、このコミットメントリストも毎朝チェックすることにした。これ
まで運営を個人に任せてきたけど、朝礼で毎日チェックしたら緊張感があっ
ていいだろう。君もそう思うよね?」


営業マン :
「あ、はい……。そうですね。コミットメントリストをやり始めて3ヶ月経
ちましたが、私だけ全然運営していないですから……。やります」


マネージャー :
「じゃ、これから1ヶ月間、皆が慣れるまで朝礼当番を君にやってほしい。
これもいいよね?」


営業マン :
「あ、はい……。わかりました」

……「時間」の概念だけで作成された営業日報を書いていても、目標予算を達
成させるために何をどうすればいいか見えてきません。

そもそも日報は「過去の報告」です。

そこに時間をかけるよりも毎朝の朝礼を工夫し、過去の出来事はコミットメン
トリストのチェックで一瞬に終わらせ、未来に焦点を当てた「宣言」をテンポ
良くさせていくことで、「気持ちのリセット」と「タイムマネジメント」の両
立が可能になります。

このように、営業マネジメントのあらゆる「仕組み」と「運営方法」について
紹介するセミナーを9月に開催します。

1日にギュッと凝縮していますので、かなり濃密な内容になっています。

2週間に30分の営業会議を実施するだけで「指示待ち人間」をなくすことが
できる。その仕組みとコミュニケーションの取り方など、いろいろなテクニッ
クを披露します。

以前からお伝えしているとおり、このような有料セミナーは、私が企業研修の
オファーで年内スケジュールが埋まってしまったため、当分は開催の目処が立
っていません。

次回ははやくて来年の1月です。

東京は残席10名、名古屋は残席9名です。はやめにお申込みください!


●『営業マネージャ「1日特訓」セミナー
  仕組みとコミュニケーション、モチベーション管理を徹底解説!』
【名古屋 9/22】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00767.html
【東京  9/29】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00768.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

私が幼稚園にいるときに引っ越した先の家には「幽霊」が出ました。

家賃が月額1万5千円の「あばら家」でした。6畳の居間に両親が布団を敷い
て寝、3畳の部屋に私と姉が床を並べて寝ていました。

居間と台所をつなぐ四畳半の部屋は、基礎がしっかりしていないせいか床が簡
単に落ちます。小さなころ、私が狭い家の中を走ろうとするたびに父親から
「走ると家が壊れるから、ゆっくり歩け」と怒鳴られました。

夜中、「金縛り」に遭うのは4人の中で私だけのようでした。

中学校に入ったあとが一番多く、金縛りに遭うととても息が苦しくなり精神的
にかなり疲弊します。

あとでわかったことですが、なぜそこまでひどく心身ともに消耗するかという
と、その金縛りが霊体験によるものだからです。

その家から引越し、疲れているときにたまーに金縛りに遭うのですが、ただ
「意識ははっきりしているが体が動かない」というだけで、あのときほど恐ろ
しさを感じなかったのです。

とにかく、その家で体験する金縛りは怖かったです。

何が怖いのかわかりませんが、夜中に目を覚まして体が動かない。すぐ隣から
姉の寝息が聞こえてきますが、助けを求めることもできません。全身から脂汗
が噴き出してきます。

私はまず右手の指に力を入れようと神経を集中するのですが、これがうまくい
きません。

とにかく苦痛です。意識があるのに体が動かないし、何か得体の知れないもの
が体の下から突きあがってくる気配がして恐ろしいのです。

もう二度と体が動かなくなるのではないかという恐怖で身悶えます。

どれぐらい時間が経過して金縛りから解放されるのかわかりません。しかし終
わったあとの虚脱感は言いようのないほどツライものでした。

体力の消耗が激しく、翌日は一日中、学校では朦朧として過ごすことになりま
す。

中学校2年の期末試験の前に、私は恐ろしい経験をしました。

夜の11時ごろまで勉強し、姉の横で寝ようとして横になったそのとき、後ろ
から誰かに「耳を触られた」のです。

私は気を失うほど驚きました。もちろん振り返っても誰もいません。壁がある
だけです。3畳の部屋に2人で布団を敷いているのですから。

そして、今夜「来る」と思ったのです。

もうそのころには、私は金縛りに遭う夜を予兆できるようになっていました。
翌日は期末試験だったので体調は万全の状態にしておきたいという気持ちがあ
ったものの、今日は必ず「来る」。金縛りに遭う。絶対にイヤだ。

そう思い、私は3畳の部屋の隅のほうで、姉が寝る姿を視界の淵に入れながら
膝を抱えて朝を待つことにしました。

しかし睡魔には勝てません。

1時をまわったころ、私はうとうとしはじめました。すると……。

後ろから誰かに「目隠し」をされたのです。

両手で目を隠されたのです。

私はいてもたってもいられなくなって部屋を飛び出し、母親の布団の中にもぐ
りこみました。

当然、「何だァ、中学2年にもなって!」と母にピシャリと言われました。母
の声のせいで、隣で寝ている酒臭い父のイビキが消えてしまいます。

「お父さんが起きたらどうするんだ? はやく自分の布団に戻りなさい!」

幽霊と父とどっちが恐ろしいか? 冷静に考えれば「父」なのですが、そのと
きは「目隠し」された恐怖で体が震えていました。

朝まで一緒に寝てくれと嘆願したのですが、母は聞き入れてくれません。

仕方なく私は3畳の部屋に戻りました。そしてまた部屋の隅のほうで膝を抱え
て打ち震えていました。

理由はわかりませんが、私の耳を触ったのも、目を隠そうとしのも「男の人」
です。女性ではありませんでした。

姿は見えませんが、気配を感じるのです。とにかく恐ろしい。私はガタガタ震
えながらその部屋で数時間を過ごしました。

ところが——

おそらく3時過ぎでしょう。知らず知らずのうちに私は眠ってしまい、気がつ
いたら朝になっていました。金縛りには遭いませんでしたが、当然翌日の試験
はボロボロでした。

中学を卒業して寮に入ったのは、過去の編集後記にさんざん書いたとおり粗暴
な父との生活がイヤだったということもあるのですが、この幽霊とも決別した
いという気持ちもあったからです。

私が17歳になったとき、この家を引っ越してまた別のところへ我が家は移り
ました。学校の寮からたまにその新しい借家へ戻っても霊には遭遇しません。

やはり「あの家」に幽霊がいたんだなと、今は確信しています。

いま、私は愛知県江南市という岐阜に近いところに土地を買い、家を建てて住
んでいます。

日本中いろいろなところへ出張している私ですが、夜遅くに我が家へ戻ってき
ても幽霊はいません。

もうそれだけでも、私にとっては本当に幸せなことです。

※ 上記のことは本当にあったことですが、実はもっと恐ろしい体験もしてい
ます。しかし信じてもらえそうにないので書きません。こういうエピソードが
好きな人は直接私に話しかけてください。(苦笑) 思い出したくもないので、
話すかどうかはわかりませんが……。

━━<セミナー案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【有料セミナー】

●『営業マンの行動量を2倍に増やす! 営業マン自己変革セミナー』
【名古屋 8/31】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00770.html

●『営業マネージャ「1日特訓」セミナー
  仕組みとコミュニケーション、モチベーション管理を徹底解説!』
【名古屋 9/22】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00767.html
【東京  9/29】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00768.html

●『目標予算を達成できる!
  プロフェッショナル営業マン育成コース<6ヶ月>』
【大阪 9/9〜6ヶ月】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00810.html

●『目標予算を達成できる!
  営業管理者研修〜プロフェッショナルコース<5ヶ月>』
【名古屋 11/9〜5ヶ月】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00822.html

※ すべてのセミナー
http://www.attax.co.jp/seminar/archive/genre/article.tag%2E0011.html


◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.1
        「目標に焦点を当て、行動量を増やす方法」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00819.html

※ モチベーションという名の「感情の揺れ」に左右されることなく、目標を
安定的に維持できる思考パターンへ変革させることが、このDVDの目的です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━