2010年12月23日

【ロー・ボール・テクニック】どこでも仕事ができる「ノマドワーキング」とは?

● 今回のテクニック:【ロー・ボール・テクニック(6)】

ロー・ボール・テクニックとは、まずは相手が受け取りやすいボールを投げて
から、徐々にオプションを増やしていく方法である。

説得される側は、気がついたときには最初の条件よりも吊りあがっているため、
騙されたと感じるかもしれず、リスクは高い。

フット・イン・ザ・ドア・テクニックよりも強力な説得技術と言われているが、
多用は禁物である。

※ 詳しくは → http://attax-sales.jp/blog/000262.html

───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「どうして君はほとんど毎日、午前中に社内にいるんだ? 社員食堂で食事
をしてからじゃないと出かけていけないのか」


営業マン :
「心外ですね……。たまった仕事があるんですよ。私だってはやく外へ行き
たいと思ってます。これでも素早く処理しようとしてるのに」


マネージャー :
「今の時代、仕事なんて外でもできるだろう? とにかく社内にいるのはダ
メだ」


営業マン :
「それじゃあiPhoneとかギャラクシーとかを営業に配ってくださいよ。今の
携帯電話じゃあ添付ファイルも見られないんですから」


マネージャー :
「なるほど。きたな……。そう言うだろうと思ってノマドワーキングシステ
ムを導入しようと思ってたんだ」


営業マン :
「ノマドワーキングシステム? 何ですか、それは?」


マネージャー :
「コストの問題もあって新しいデバイスを導入することはできないが、今の
のモバイル環境を少し修正することによって外でも快適に仕事ができるよう
になる。こういう考え方だ。別にスマートフォンにこだわってるんじゃない
んだろう?」


営業マン :
「ええ。今の携帯電話、使い慣れてますんでかまいませんよ。外で快適に仕
事ができるようになれば、いくらでも外へ出かけますよ」


マネージャー :
「それじゃあまずこの通信カードを君のノートパソコンにつけたまえ」


営業マン :
「はあ……」


マネージャー :
「そしてこのアタッシェを使え。私のお古だが、まだまだ使える。君のブ
リーフケース、ちょっと小さいからな」


営業マン :
「カバンを変えろと?」


マネージャー :
「さらにこのバッテリーパックも3本常備しておきたまえ」


営業マン :
「私にどうしろと言うのですか?」


マネージャー :
「移動中でもメールの処理がしたいんだろ? 見積りや提案資料の作成とか
もしたいんだよな? だったらいいじゃないか。このアタッシェのベルトを
首にまわしたまえ。こうやってカバンを首から提げて前面のポケットを開け、
ここに君のパソコンを設置するんだ。背面のポケットにバッテリーを入れな
さい。こうすれば重さのバランスがとれる」


営業マン :
「まるで『駅弁の売り子さん』じゃないですか」


マネージャー :
「だから何だ? パソコンをスリープ状態にして持ち歩けばすぐに起動する。
見た目さえ気にしなければ、満員電車の中でも君はオフィスの中にいるよう
な環境で仕事ができる」


営業マン :
「スリープ状態のままなら、すぐにバッテリーが切れてしまいますよ」


マネージャー :
「だからバッテリーを3本常備しておくんだ」


営業マン :
「な……」


マネージャー :
「これで直行できるよな?」


営業マン :
「直行? 朝、出勤せずにお客様まわりですか?」


マネージャー :
「何か問題があるのか?」


営業マン :
「別に、ないですが……。直行とまでわれるとは」


マネージャー :
「そうそう。ここにローソンとセブンイレブン、ミニストップの場所をマッ
ピングした地図がある。これを参考にして印刷すべき資料があったらコンビ
ニを活用したまえ」


営業マン :
「コンビニで印刷、ですか?」


マネージャー :
「君はコンビニのプリントサービスも知らないのか? じゃあ、今までどう
していたんだ? お客様に印刷した資料が必要だと思ったら、いちいち事務
所に戻ってくるのか? そんなこと考えられないだろ、今の時代に」


営業マン :
「じゃあ、全然オフィスに戻らなくてもいいんですか?」


マネージャー :
「どんな問題があるんだ?」


営業マン :
「いや……ありません、けど」


マネージャー :
「お客様1件訪問するのにかかる時間は?」


営業マン :
「15分のときもあれば、1時間のときもあります」


マネージャー :
「平均30分とすると、移動時間を考慮しても1日最低10件は行けるな」


営業マン :
「そりゃ、行けなきゃおかしいですよね。こんなものを持たされたんですか
ら」


マネージャー :
「頼んだぞ。先月まで1ヶ月60件しか訪問できなかった君が、200件に
アップするんだから。今後の成績は期待できる」

……「ノマドワーキング」というボキャブラリー、最高ですね。

会話の中で出てくる「駅弁スタイル」は、私が日立製作所時代にやっていたこ
とです。

日立時代も私は出張ばかりでしたから、どうしたら移動中に、そして満員電車
の中でも仕事ができるかを常に考えていました。

当時はノートパソコンといっても、そこそこ大きなものしかありませんでした
から、かなり目立っていましたね。私は背が181センチもありますし。

『ノマドワーキング』というのは、佐々木俊尚氏の「仕事するのにオフィスは
いらない」という書籍で脚光を浴びました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334035159/mysterycon0c-22/ref=nosim

しかし私が強くお勧めするのは、中谷健一氏の「どこでもオフィス仕事術」で
す。

これは面白いです。

ビジネス本なのですが、笑えるのです。

「ここまでノマドに凝れるあなたは偉い!」と拍手したくなるぐらいに、外出
先で仕事をするアイデアが満載の本です。

ルノアール、マクドナルド、スターバックス、ドトール、駅、電車、新幹線、
公園、カラオケボックス……どこでどのような仕事をすることに向いているの
かを仔細に紹介しているパートもあります。

ここまでくると完全にオタク本です。

私としては「オフィスとデータ共有できるフリーソフトの使い方」「新幹線の
中での座り方、パソコンの置き方」「コンビニのプリントサービス」「喫茶店
の照明に関する薀蓄」……などがお気に入り。

移動中に効率よく仕事をして、はやく帰宅したい人は絶対に読んだほうが良い
書籍です。超お勧め!


【参考文献】「どこでもオフィス仕事術」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478012962/mysterycon0c-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

以前の編集後記にも書きましたが、私はトゥミ(TUMI)というブランド
のビジネスバッグを持っています。

ちなみにキャリーバッグもトゥミです。

http://www.tumi.co.jp/shop/g/g920030201/

現在パソコンはレッツノートという1キロを切る小さなパソコンを使ってい
るため、電車の中で片手で持ち、キータッチしてもあまり苦ではありません。

気になるのは周囲の目だけです。

しかし長い文章を入力したいときは、前述したキャリーバッグの上にパソコ
ンを載せ、私はしゃがみ込んでキーボードを打ったりします。

そんなことを電車の中でやっていると、これまでに2度だけ席をゆずっても
らえたことがありました。

私はかなり頻繁にお年寄りや妊婦の方に席をゆずっているので、きっとお天
道様が見ていてくれたのだろうと思い、その2度とも甘えて座りました。

何泊もするときは、このキャリーバッグの中に本や衣類を詰め込み「パンパ
ン」の状態にしています。ですから、このキャリーバッグの上に腰掛けるこ
ともできるのです。

休むために腰掛けるのではありません。電車の待ち時間などを利用してここ
に腰掛け、さらに膝の上にパソコンを乗せて入力作業をするのです。

以前、品川駅で新幹線を待っているとき、座ることのできるベンチがなかっ
たものですから、こうしました。

キャリーハンドルを伸ばしておけば、そこが背もたれにもなります。

夢中で入力作業をしていると、突然……

「カシャッ」

という音がしました。

私は我に返りました。そしてすばやく周囲に目を向けました。

明らかに携帯電話カメラのシャッター音です。

私の左隣に、OL風の女性が立っています。なんと携帯電話で私の写真を撮
っていたのです。おそらく「品川駅に変な人発見」とかいって、ツイッター
にでも載せるつもりだったのでしょう!

いいですよ、別にかまいませんよ。

私はめげません。

絶対にめげまえんから。

私はよくお客様に、「寝る暇もなく仕事をしているんでしょう?」と言われ
ます。しかしながら、そんなことはありません。

こうやって隙間の時間を徹底的に活用しているからです。

ビバ! 出張族! ノマドワーカー!

━━<セミナー案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー案内】

●『新春セミナー 営業会議をプロデュースする!』
【名古屋 1/27】 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01009.html


※ すべてのセミナー
http://www.attax.co.jp/seminar/archive/genre/article.tag%2E0011.html


◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.1
        「目標に焦点を当て、行動量を増やす方法」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00819.html

※ モチベーションという名の「感情の揺れ」に左右されることなく、目標を
安定的に維持できる思考パターンへ変革させることが、このDVDの目的です。


◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.2
  「2週間に1回30分で目標予算を達成させる! 営業会議の進め方」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00968.html

※ プレイングマネージャが部下に関与する時間を劇的に減らし、組織で目標
予算を達成させる営業会議の進め方、仕組みの紹介をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━