2011年11月21日

【カリギュラ効果】たまには「力ずく」も必要だ。

● 今回のテクニック:【カリギュラ効果(3)】

カリギュラ効果とは、禁止されるとますますその行為をやってみたくなる心理
作用のこと。

「それを見てはいけません」「絶対にその箱を開いてはいけません」「男性は
出入り禁止」「15歳未満の方は鑑賞できません」

「禁令」が出るほど、その世界に足を踏み入れたくなるもの。その心理状態の
ことを「カリギュラ効果」と呼ぶ。

※ ブログでは未掲載

───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「あ、そういえば君!」


部下 :
「え、何でしょう?」


マネージャー :
「あ……。ごめん。別にいいよ。急いでるんだろ?」


部下 :
「いえ、別に。そんなことありませんよ。どうされたんですか?」


マネージャー :
「いや、いい。君はやめておいたほうがいい」


部下 :
「何の話ですか?」


マネージャー :
「社長から、ある研修を紹介されたんだが、君ではちょっと……と思ったも
のだから」


部下 :
「どういう研修なんですか?」


マネージャー :
「別にいいじゃないか」


部下 :
「気になりますよ、そんなこと言われたら」


マネージャー :
「君は絶対に興味を持たない」


部下 :
「そんなことわからないじゃないですか」


マネージャー :
「だいたい、君に今までどんな研修を紹介しても、行ったためしがないだろ
う」


部下 :
「それはタマタマですよ。内容によりますって」


マネージャー :
「ものすごく激しい研修らしいんだ」


部下 :
「いいじゃないですか。激しい研修なんて。座学じゃないほうが私はいいで
す。詳しく教えてください」


マネージャー :
「いや、やめておこう……」


部下 :
「どうしてですか! 気になります!」


マネージャー :
「やっぱり君には教えない」


部下 :
「くどいですね! 教えてくださいよ、その研修」


マネージャー :
「絶対に教えない。お前には! どうせ行かないんだから」


部下 :
「行きますよ! もう、こうなったらどんな研修だって行きます。だから教
えてください!」


……どんなに現状維持バイアスをはずせ、と言っても、その人が行動を変えな
い限りはバイアスをはずすことはできません。

行動の中身の問題ではなく、これまでと異なる行動をとることが非常に大切な
のです。

そういう意味からすると、「納得のいかない行動」をとり続けることも重要な
のです。

ストレス耐性の低い人を「力ずく」で変えるセミナーを年末に実施いたします。


◆ 営業・販売力をパワフルにアップする!「スピードマスター」特訓講座
  思考ノイズが遮断されるほど『行動スピード』をアップさせるセミナー
【名古屋 11/30】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01201.html
【東京 12/7】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01202.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

私の処女作「絶対達成する部下の育て方」のアマゾンキャンペーンのページ
がアップされました。

http://attax-sales.jp/tokuten/book01.html

しかし、これは見せておくだけで、まだ申し込みができません。

今からアマゾンで予約はできますが、このページを経由することなくアマゾ
ンで予約をすると特典がつかなくなります。

すでに、

「アマゾンで予約しました!」

とか、

「楽天から予約したんですけど、特典がつくんでしょうか?」

みたいな連絡が続々と入ってきていますが、残念ながら駄目なのです。

12月1日の正午〜12月2日の23時59分までの、1.5日の間で、上
記のページから入って予約された方のみが特典をもらえます。

この辺り、本当に間違えそうですよね。

また時期が近づいてきたらメルマガで詳細をお伝えしますので、もう少しお
待ち下さいね。

アマゾンキャンペーンを一度も体験したことがない人は意味がわかりづらい
ですよね。

ところで、なぜこんなことをするのかを説明いたしましょう。

要するに、一定期間のアマゾンにおける購買を集中させてランキングを上昇
させるというのがこのキャンペーンの意味合いです。

こうすることで、「アマゾンランキング1位!」などの称号を得られるとい
うことですね。

私にとっては初体験なので、どれほどランキングがアップするかわかりませ
ん。しかし多くの著者が仕掛ける常套手段なので、私も実施いたします。

リアル営業も同じで、
売るためには売るための「戦略」「仕組み」が必要です。

商材さえよければ勝手に売れていくだろうだなんて、営業コンサルタントで
ある私がやってしまってはいけません。

売れるかどうかは、もちろんわかりませんが、売るためにやるべきことはキ
ッチリやります。

たまに、

「そういう手法は好きじゃない」とか、「そういうものじゃないと思う」とい
う曖昧な理由で、戦略性を抜きにしてキレイごとを語る人がいますが、私は
今回はじめて出版するのです。

しかるべきプロデューサーに支援を受けているので、仮説を立てて実行し、
検証する、というこの絶好の機会を逃してはならない、と思っています。

やりもしないのに、多くの著者が実施するこの「アマゾンキャンペーン」を
正当に評価することなどできないですものね。

12月1日から2日にかけて、アマゾンのランキングでどのような変動が起
こるのか、皆さん見ていてくださいね。

特典が要らない人でも、この期間に購入いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いいたします!

━━<セミナー案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 営業・販売力をパワフルにアップする!「スピードマスター」特訓講座
  思考ノイズが遮断されるほど『行動スピード』をアップさせるセミナー
【名古屋 11/30】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01201.html
【東京 12/7】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01202.html

● メモ帳ひとつで怒りとイライラの感情をコントロールする
 「アンガーマネジメント講座」
【東京 12/19】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01163.html


※ すべてのセミナー
http://www.attax.co.jp/seminar/archive/genre/article.tag%2E0011.html

━━<DVD教材>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.1
        「目標に焦点を当て、行動量を増やす方法」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00819.html

※ モチベーションという名の「感情の揺れ」に左右されることなく、目標を
安定的に維持できる思考パターンへ変革させることが、このDVDの目的です。


◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.2
  「2週間に1回30分で目標予算を達成させる! 営業会議の進め方」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00968.html

※ プレイングマネージャが部下に関与する時間を劇的に減らし、組織で目標
予算を達成させる営業会議の進め方、仕組みの紹介をしています。


◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.3
「『未来』の行動をマネジメントする! 営業管理ツールの設計と運営テクニック」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01037.html

※ たった2枚のエクセルシートで、どのように目標予算を達成させられる営
業マネジメントを実施するか? 設計と運用ルールを紹介しています!


◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.4
「主導権を握る! 科学的な説得/コミュニケーション技術」編】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01099.html

※ NLP理論を応用した「40種類」超のコミュニケーション技術集。どの
ように主導権を握り、相手を説得するのか?5時間を越える大作DVD!


◆【水田祐木の組織営業力アップDVD
「3時間でマスターする!現代の営業パーソンに絶対不可欠な与信管理スキル】
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01153.html
※ 優れたスポーツカーには【高性能なブレーキ】が不可欠なのと同じ、売上
アップを進めるためにも与信管理は必須の技術です。


● 横山信弘のトップセールセミナーDVD
「2時間で自分の殻を打ち破る! セルフマインドコントロール技術」
http://attax-sales.jp/tokuten/ynt/index.html
※ トップセールスは、マイナスの感情・プラスの感情をコントロールし、人
生の目的を正しいプロセスで達成させます。そのノウハウを2時間に凝縮!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━