2012年3月25日

【スリリングジョーク】「ダブリ会議」は会議中毒会社の末期症状

● 今回のテクニック:【スリリングジョーク(5)】

スリリングジョークとは、相手に対して、「もし●●しなければ、■■になる
ぞ」という脅しをしたあとに、すぐに「それは冗談だ」と撤回するコミュニケ
ーション技術。

相手の心象を悪くする可能性が高く、極めてリスキー。相手と強烈なラポール
が構築できていない限り、活用するのはやめたほうがよい。3年に1度ぐらい
使ってもいい、インパクトのあるリーディング技術である。

もちろん、乱用すればご自身の信用は著しく低下する。

※ 詳しくは → http://attax-sales.jp/blog/000258.html


───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「これから定例会には出席しない?」


部下 :
「ええ。出席しません」


マネージャー :
「どういうことだ?」


部下 :
「だいたい定例会って何ですか?」


マネージャー :
「な……! 定例会って何かって……」


部下 :
「はい。定期的にやっているというだけで、どういう目的の会議かよくわか
りません」


マネージャー :
「人が定期的に集まってコミュニケーションをとる。組織運営においてそう
いう機会を減らしたらダメなんだ。デジタルな時代だからこそ、必要なんだ
よ」


部下 :
「ということは、定期的にコミュニケーションをとることが、あの会議の目
的なんですね?」


マネージャー :
「それも一部あるってこと」


部下 :
「一部? それじゃあメインの目的は何ですか? というか、そんな一部の
目的なんかどうでもいいですから、メインの目的から答えてくれればいいじ
ゃないですか」


マネージャー :
「情報共有だ。私が課長会議で聞いてきたことを、知ってもらうことが一
つ」


部下 :
「一つ? それじゃあ他にいくつあるんですか?」


マネージャー :
「他にって……」


部下 :
「そうです。会議はただの手段です。会議をすることが目的であるはずはあ
りません。その目的が明確でない場合は、会議がただの手段になっている証
拠だと思います」


マネージャー :
「そりゃ……そうだ」


部下 :
「それで、定例会の目的は何ですか? 情報共有とコミュニケーションです
か?」


マネージャー :
「だいたい、そういうことになる」


部下 :
「だと思いました。ですから私は出席しません。私は週に1度、リーダー会
議で情報共有をしています。そのときに共有されている情報と、課長が主催
する定例会の内容はほとんど同じです。ですから会議に出る必要はありませ
ん」


マネージャー :
「……」


部下 :
「リーダー会議に出席している他のメンバー全員と意見交換しています。彼
らはそのリーダー会議自体が必要ないと言っています。情報共有するのに、
会議など必要ないからです。相互コミュニケーションは別にとろうと思って
いますが、その会議が邪魔でできません」


マネージャー :
「んん……」


部下 :
「このリーダー会議を廃止させようとしているのに、その会議とダブった内
容をしている定例会には、まったく出る必要がないと思います。ダブリ会議
は最悪です。こういう会議に出ていると本当に気が滅入ってきます」


マネージャー :
「気が滅入ってくるだなんて、大げさな」


部下 :
「大げさではありません。もし今後も内容をダブっている社内会議に出席さ
せられるのなら、私は会社を辞める決断をします」


マネージャー :
「……え!?」


部下 :
「無駄な会議に出ていると、自分の人生の大切な時間を他人によって毟り取
られている気がして、精神的に参ってくるんです」


マネージャー :
「おいおい……。ちょっと」


部下 :
「……」


マネージャー :
「おい。本気かよ」


部下 :
「……冗談です」


マネージャー :
「え?」


部下 :
「もちろん冗談です。それぐらいで辞めたりはしません。しかし、それぐら
い、本当に何とかして欲しいと思ってます。これは私個人の問題ではなくて、
会社の不利益にもつながります」


マネージャー :
「あ、ああ……。そうだな。わかったよ。そこまでの気持ちだとは思ってな
かったから」


部下 :
「本当にお願いします」


マネージャー :
「わかったって」


……いよいよ来週、「脱会議」が出版されます。

今週から日経ビジネスオンラインでも、コラムが再びスタートいたします。

コラムと書籍は何が異なるかと言いますと、

コラムは一話完結型でありますし、さらにアクセスを増やすために、読者を煽
るような書き方をしています。

書籍は、なぜ会議に問題があるのか? 脱会議の手順は? 脱会議後の組織マ
ネジメントについてどうすべきか? などが体系的に理解できるようまとめて
います。

当然、文章もかなりソフトタッチに変更しました。

以前、お伝えしたとおり、題字は「武田双雲」さんです。

フェイスブックページでその題字が公開されています。

日経BP社が、相当力を入れて販促プロモーションをかけますが、私も書籍キ
ャンペーン用のページも作成します。

来週、書籍キャンペーンをお知らせいたしますので、もう少しお待ちください
ね!

どうぞよろしくお願いいたします!

◆ 脱会議フェイスブックページ
http://www.facebook.com/datsukaigi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】


先週の金曜日、

「日本で一番大切にしたい会社」の著者である坂本教授の引率で、「優良企業
視察会」に参加してまいりました。

阪神大震災ですべてを失った社長が、三重の山奥へ疎開し、そこから急成長を
遂げたという会社の視察でした。

そのドラマ、ストーリーは、私たちには想像の域を超えた苦難の連続であった
と思います。

15年以上経過した今でも20%以上の成長を続け、かつ、地域社会を活性化
させようとする社長の熱意は、まさに「百聞は一見にしかず」。

実際に工場を拝見し、社長の講話を拝聴しなければ、わからないことだらけで
す。

視察会に参加された社長さんたちが口々に仰っていたのが、「従業員の礼儀正
しさ、明るい笑顔、気持ちのよい応対」です。

その会社の従業員の皆さん、工場でも、開発室でも、事務所内でも、大きな声
で挨拶され、勉強しに視察に来た我々が恐縮するぐらいの清々しい応対をして
くださるのです。

自社の職場に、40人近い外部の者が入ってくるのです。

中には、好奇の目で見られているのではないかという受け取り方もあるでしょ
う。

それでも、工場の方々は丁寧に頭を下げ、率先して応対し、小気味よいジョー
クも交えながら、工場内を説明していきます。

その姿を目にしていると、心が浄化されていく気分を味わえます。

私が今回の視察会で、「勉強になったな」と心から思ったのは、

これだけ成功されていても、社長は外部からの目、そして評価を常に意識して
いるということです。

これはよくセミナーでもお話しする「ホーソン効果」ですね。

外から見られる環境に身をおくことで、無意識のうちにパフォーマンスがアッ
プする心理効果です。

非常にバイタリティのある社長でしたが、外部の目に自分をさらすこと、従業
員を見てもらうことで、仕事の生産性向上と、自分の暴走を制御する2つの役
割をもたせているのではないかと考えました。

自分で、できる。

「自信過剰バイアス」がかかっている人は、いろいろな理由を作って他人から
見られている環境を嫌い、

自分の力だけでやろうとしてしまいます。

それは部下であろうと、上司であろうと、経営者であろうと一緒です。

「見られる環境」を強制的につくることも、重要ですね。

私は昨年から筋トレを続けられていますが、それは不特定多数の人に「見られ
ている」という環境に身をおいているからだと思っています。

「自分たちだけで実行する」のは、難しいですね。

━━<セミナー案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第4回 話し方教室プレミアム
 「相手の行動を変える科学的な説得/クロージング技術」
【東京 4/12】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01333.html
【名古屋 4/20】http://www.attax.co.jp/seminar/detail/01334.html


※ すべてのセミナー
http://www.attax.co.jp/seminar/archive/genre/article.tag%2E0011.html

━━<DVD教材>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.1
        「目標に焦点を当て、行動量を増やす方法」編】
http://attax-sales.jp/tokuten/yn1/

◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.2
  「2週間に1回30分で目標予算を達成させる! 営業会議の進め方」編】
http://attax-sales.jp/tokuten/yn2/

◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.3
「『未来』の行動をマネジメントする! 営業管理ツールの設計と運営テクニック」編】
http://attax-sales.jp/tokuten/yn3/

◆【横山信弘の組織営業力アップDVD Vol.4
「主導権を握る! 科学的な説得/コミュニケーション技術」編】
http://attax-sales.jp/tokuten/yn4/

◆【水田祐木の組織営業力アップDVD
「3時間でマスターする!現代の営業パーソンに絶対不可欠な与信管理スキル】
http://attax-sales.jp/tokuten/mh1/

● 横山信弘のトップセールセミナーDVD
「2時間で自分の殻を打ち破る! セルフマインドコントロール技術」
http://attax-sales.jp/tokuten/ynt/

━━< 書 籍 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「絶対達成する部下の育て方」
 ——稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」——
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478016828/attaxsales-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━