2012年6月21日

自分は自分らしく、で本当にいいのか?【カウンター・エグザンプル】

● 今回のテクニック:【カウンター・エグザンプル(5)】

カウンター・エグザンプルとは、物事に対して、ある「一般化」の思い込みを
している人に対し、それが真実ではなく、単なる思い込みに過ぎないことを気
付かせるテクニックである。

「一般化」の表現をしている人は、「みんな」「すべて」「いつも」という表
現をよく使う。

本当に「みんな」そうなのか? 本当に「すべて」そうなのか? 本当に「い
つも」そうなのか?

具体的な過去の体験について語ってもらうことにより、その思い込みを気付か
せることができる。


───────────────────────────────────

マネージャー :
「この前『権威の原理』を使うと、相手をリーディングしやすくなるという
話をしたよね」


部下 :
「ええ。知識や技術がずば抜けていると認められると、人を動かしやすくな
る、ということはありますよね」


マネージャー :
「そう。とはいえ、ナンバーワンになるっていうのは難しいよね」


部下 :
「そうですね……。私もトップセールスにはなりたいですけど、そう簡単に
トップセールスにはなれませんからね」


マネージャー :
「うん。でもトップセールスにならなくても、相手を正しくリーディングは
できるよ」


部下 :
「そうですね。私はナンバーワンじゃなくて、オンリーワンを目指したいと
思ってます」


マネージャー :
「へえ、オンリーワンか」


部下 :
「はい。自分は自分らしく生きたいですね」


マネージャー :
「なるほど。どこかの歌の歌詞みたいだな」


部下 :
「ええ。歌謡曲はよく聴きます」


マネージャー :
「ところで、一週間前、面接で話した見込み顧客へのアプローチ、アレどう
なってる?」


部下 :
「あ、すみません。ちょうど今日やろうと思ってたんです」


マネージャー :
「ふーん。その前の会議で決まった商品開発のアイデア、まだ提出されてな
いけど、アレはどう?」


部下 :
「あ、それも今日やろうと思ってたんです。昨日までバタバタしてましたか
ら」


マネージャー :
「ゴールデンウィーク明けの打合せで決まった業務効率化への取り組み、ど
うなってる? 役割分担は進んでいるかな?」


部下 :
「ああ、すみません、それも今日からやろうかと思ってたんです」


マネージャー :
「ふーん……」


部下 :
「昨日まで、どうもバタバタしてまして……」


マネージャー :
「君が言っている『オンリーワン』って言うのは何なの? たとえばどうい
うこと?」


部下 :
「たとえば、ですか……?」


マネージャー :
「うん」


部下 :
「ん……」


マネージャー :
「……」


部下 :
「オンリーワンっていうことは……。自分にしかできないことって、いうこ
とで……、そのつまり……」


マネージャー :
「それじゃあ質問を変えるけど、自分らしくって、たとえばどういうことか
な?」


部下 :
「自分らしく……。うーん、自分の気持ちに正直になるって、ことでしょう
か?」


マネージャー :
「たとえばどういうこと? 具体的に言うと?」


部下 :
「んー……」


マネージャー :
「……」


部下 :
「…………そう、ですね……」


マネージャー :
「面倒なことはやらない。先延ばしにするって、ことなのかな?」


部下 :
「え! いや、そうじゃないですよ」


マネージャー :
「ふーん」


部下 :
「本当に昨日までバタバタしてたんです。すみません、確かにやるべきこと
全然やらずにいて……。でも今日はちゃんとやります」


マネージャー :
「前回も言ったけど、『絶対達成する部下の育て方』を読んだほうがいいよ。
正しくペーシングしないと、相手をリーディングすることなどできないから
さ」


部下 :
「はい」



……ナンバーワンよりオンリーワン

自分は自分らしく生きればいい

自分の気持ちに正直に生きて

のようなフレーズは、「ナンバーワン」になろうと身を削って生きている人に
対してであったり、

自分を押し殺して他人に合わせすぎている人に、「あまり無理をしないで」と、
メッセージを送っているのではないでしょうか。

もし、そうでないなら、多少は他人や世間の常識とペーシングしたほうがいい
ですよね。

周囲と同調せず、「自分らしさ」ばかりを強調してしまったらモンスター化し
てしまいます。

「絶対達成する部下の育て方」に書いたとおり、ペーシング8割、リーディン
グ2割でいきましょう!


■「絶対達成する部下の育て方」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478016828/attaxsales-22/ref=nosim

※本書は、アマゾンの上半期ランキング10位に入りました(ビジネス書部
門)ので、7月8日まで、Amazonポイント最大7%還元されるそうです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

昨日は岩手県、盛岡での講演でした。

フェイスブックでずっと実況中継してきましたが、台風の影響で盛岡へ到着す
るまでかなり大変でした。

そのせいもあってか、

盛岡では、これまでの過去のどの講演よりも暖かく迎えられました。

そして、

いつものように、激しい調子で熱く語っても、多くの聴講者の方々は受け入れ
てくださいました。

メルマガ読者の方で、わざわざ青森から駆けつけてくださった方もいます。

確かに、

ビジネスだけを考えれば、「東名阪」に集中してリソースを投下すればいいの
でしょうが、

「日本の中小企業の社会的インフラを担う」を目指すアタックスとしては、情
報が行き届かない地方へも、もっと出かけていっていいと感じました。

もちろん、

自分のノルマは「絶対達成」が条件ですけれど。

これから盛岡を出、浜離宮朝日ホールにて、朝日新聞社180名に対する講演
です。(名前を出していいことになっています)

朝日新聞さん、激しくいきますよっ!