2012年8月9日

がんばらずには、ぐんぐん幸運を引き寄せられない【恐怖アピール】

● 今回のテクニック:【恐怖アピール(3)】

恐怖アピールとは、相手の恐怖感情や危機意識をアップさせることで説得効果
を得る方法。

恐怖喚起コミュニケーションとも言う。

「もしもこうしたら/もしもこうしなかったら、どうなるかわかるか?」とい
う、表現で相手をリーディングする。

恐怖体験が臨場感たっぷりに味わえるかどうかがポイント。

当然のことながら多用は禁物。多用すれば、当然のことながらラポール(信頼
関係)は崩れていく。


───────────────────────────────────

マネージャー :
「目標を達成するには、『運』は関係ない。達成するまで行動すればいいん
だから、という話をした」


部下 :
「はい。そうでした」


マネージャー :
「1年の間に、どれだけ行動するか、なんだ」


部下 :
「ええ。そうでしょうね。でも……」


マネージャー :
「でも?」


部下 :
「最近、『がんばらずに、ぐんぐん幸運を引き寄せる方法』という本がヒッ
トしているんです」


マネージャー :
「そうなんだ」


部下 :
「がんばってる、って、何だかカッコよくないですから」


マネージャー :
「ほう」


部下 :
「なんか、汗かいて、『私、一所懸命やってます』っていう姿なんて滑稽で
す」


マネージャー :
「ふーん」


部下 :
「……」


マネージャー :
「……」


部下 :
「……」


マネージャー :
「よくも、まァ、このオリンピックの時期に、そんなこと、言うね」


部下 :
「……」


マネージャー :
「オリンピック観てる?」


部下 :
「え、ええ。たまに……」


マネージャー :
「何を観た?」


部下 :
「なでしこ、とか……。柔道とか」


マネージャー :
「どう?」


部下 :
「うーーーーん」


マネージャー :
「滑稽かな?」


部下 :
「え、いや……。滑稽では、ないです」


マネージャー :
「カッコ悪いの?」


部下 :
「いえ……」


マネージャー :
「メダルを期待されていたのに、とれなかった人もいるよね? カッコ悪い
のか?」


部下 :
「いえ……。とても、カッコ悪いだなんて言えないです」


マネージャー :
「さっき言ってた本、読んだの?」


部下 :
「え?」


マネージャー :
「読んだの?」


部下 :
「いや……その……」


マネージャー :
「読んでないの?」


部下 :
「あ、はい……」


マネージャー :
「がんばらずに、ぐんぐん幸運を引き寄せる方法って本があって、がんばら
なくてもいいと思ったんだろ?」


部下 :
「え…………、ええ」


マネージャー :
「どうして買ったのに、読んでない?」


部下 :
「………………いや、まだ、買ってないです」


マネージャー :
「買ってない?」


部下 :
「はい……」


マネージャー :
「どこかで本のタイトルを見て、がんばらなくてもいいと思ったのか?」


部下 :
「……」


マネージャー :
「……」


部下 :
「……」


マネジャー :
「がんばって読んだら?」


部下 :
「あ、はい……」


マネジャー :
「本のタイトルだけを見て、さも、わかったような口を利く人ってどう?」


部下 :
「はい。カッコ悪いです」


マネジャー :
「滑稽だよ」


部下 :
「はい……。滑稽ですね」


マネジャー :
「がんばらずに、ぐんぐん幸運を引き寄せることは、俺もできると思う」


部下 :
「……」


マネジャー :
「でも、何も行動を変えない人に幸運は訪れない。なぜかっていうと、過去
の行動を変えない限り現状維持バイアスは外れないから」


部下 :
「はい」


マネジャー :
「現状維持バイアスがはずれないなら、脳は活性化しない。脳の中に雑草が
生えたままで生きていくことになる」


部下 :
「……」


マネージャー :
「行動をすることによって、その雑草は踏みしだかれ、獣道が作られていく。
いずれそれが道になれば、脳の中に何本もの新しい道が拓かれていくだろ」


部下 :
「はい……」


マネージャー :
「雑草が生い茂った脳に、幸運の光が降り注いだとしても、それが幸運であ
るかどうかは、高くそびえた雑草が邪魔をして見えないはずだ。しょせん行
動を変えない、新しい行動に拒絶反応を示す、という人間というのは、結果
も出せないし、素敵な運にもめぐり合えない」


部下 :
「はい」


マネージャー :
「その本を書かれた方は、日ごろからがんばりすぎて苦しい思いをされてい
る人にメッセージを捧げようとしたんじゃないか。がんばることができるの
にもかかわらず、がんばらない奴に対して、『がんばらずに、ぐんぐん幸運
が巡ってくる方法があるよ』などと言う人間が、この世の中に、どこにいる
ものか」



……がんばらずに、ぐんぐん幸運を引き寄せることはできると私は思います。

実際にそういう方はいらっしゃいます。

ただ、

多くの場合、他人の目からして、そういう方はすごくがんばっているように見
えるものです。

ご本人が「がんばっている」という認識がなくなっているだけですよね。

その状態になるまでは、やはり多少の「がんばり」は必要ではないでしょうか。

私はそのように思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

いよいよ今週土曜日から、「NLPトレーナーズトレーニング」の後半がス
タートします。

(前半はゴールデンウィークの1週間でした)

米国NLP協会理事長のクリスティーナ・ホールの指導で、また1週間、東京
で缶詰になって学びます。

総額100万円ぐらいの費用がかかりますし、大型連休に2度も家を留守にす
るので、2年がかりで妻を説得して、ようやく参加することができた研修です。

「元をとらないと!」という気持ちはないですが、

新しい自分になって、また戻って来たいと思います。

(ホテルでの生活でも、『摂生生活』は続ける予定です)