2013年1月25日

「限定の真実性」とは?【スリリングジョーク】

● 今回のテクニック:【スリリングジョーク(6)】

スリリングジョークとは、相手に対して、「もし●●しなければ、■■になる
ぞ」という脅しをしたあとに、すぐに「それは冗談だ」と撤回するコミュニケ
ーション技術。

相手の心象を悪くする可能性が高く、極めてリスキー。相手と強烈なラポール
が構築できていない限り、活用するのはやめたほうがよい。3年に1度ぐらい
使ってもいい、インパクトのあるリーディング技術である。

もちろん、乱用すればご自身の信用は著しく低下する。


───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「今年のテーマは『武器』だと話したよね」


部下 :
「ええ。行動は最適化しつつありますから、武器を持つことでさらなる結果
を出せると思います」


マネージャー :
「そうだね。行動は昔と異なり、かなり変化が出てきたからね」


部下 :
「はい。ありがとうございます」


マネージャー :
「ところで君がいま使っているチラシを拝見したけれど、年末キャンペーン
で使っていたものと同じだよね?」


部下 :
「あ、はい」


マネージャー :
「年末謝恩セールのチラシが、そのまま『1月末まで限定!』と書き直され
ている」


部下 :
「年末にさばききれなかった商品がまだ在庫として残っていますので、何と
か売り切りたいと思ってそうしました」


マネージャー :
「去年の春も同じようなことしてなかった?」


部下 :
「ああ、はい。4月に新春キャンペーンをやったんですが、商品が余ったの
で、5月まで期間を延長しました」


マネージャー :
「『限定の原理』って知ってる?」


部下 :
「期間や個数が限定だと、心を動かされやすくなるという心理効果ですよ
ね? 以前、課長の研修で習いました」


マネージャー :
「そう。そしてそのときに、『限定の真実性』の話もしたよね?」


部下 :
「え……」


マネージャー :
「覚えてる?」


部下 :
「えーーーっと……」


マネージャー :
「君はいつも、人の話を聞くときにメモを取らないよね?」


部下 :
「あ、すみません……」


マネージャー :
「今も、メモを持ってきてないよね?」


部下 :
「申し訳ありません、すぐに持ってきます!」


マネージャー :
「いいよ。別にメモを取る必要なんかないから」


部下 :
「え、そうなんですか?」


マネージャー :
「今後、私の前でメモを取る必要はない。もう必要ないよ」


部下 :
「……あ、あの……」


マネージャー :
「君には何もアドバイスはしない。だからメモを取る必要はない」


部下 :
「ちょ……。か、課長」


マネージャー :
「もし他の部署に移ったら、そのときの上司の話を聞くときにメモを取ると
いい。私の前でメモを取る必要は、もう金輪際ないだろう」


部下 :
「課長……そんな」


マネージャー :
「好きにすればいい。常識がわからないんだから」


部下 :
「課長……」


マネージャー :
「……」


部下 :
「あの……」


マネージャー :
「冗談だ」


部下 :
「……え」


マネージャー :
「冗談だよ、冗談! なーーーにを、そんな真剣な顔で俺を見てるんだ」


部下 :
「ええ……」


マネージャー :
「冗談だって! ほら、俺のメモ帳をやるから、それにしっかりと書け」


部下 :
「か、課長、本当に申し訳ありません。これから必ず、課長に呼ばれたらキ
チンとメモを持ってきますから」


マネージャー :
「わかったわかった。冗談だって!」


部下 :
「す、すみません」


マネージャー :
「いいか、ちゃんと書けよ。『限定の真実性』というのは、だな……」



……『限定の真実性』とは、限定と表現した以上、期待したとおりの成果が得
られなくとも、その表現を変えないことです。

「1月末まで限定販売!」

「新春キャンペーン 日曜日まで!」

と表現しておきながら、何度も限定セールをしたり、キャンペーンをすると、
お客様とのラポール(信頼関係)が崩れていきますよね。

ところで2月1日に、「白地開拓ツールの設計ノウハウ」を扱った、DVDを
発売します。

予材管理用の「販促ツール」の設計ノウハウを収録しています。

こちらも2月中のみ、割安価格で提供するキャンペーンをいたします。

過去、DVDを販売する際、キャンペーンを実施したことはありますが、それ
以降、

同じDVDでキャンペーン販売をしたことは一度もありません。

「2月限定」で販売しますので、ぜひよろしくお願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

冬休み中、いろいろな原稿を、集中して執筆していたせいか、年末からずっと
肩や首に張りがあり、

断続的な偏頭痛に悩まされています。

昨日はついに左肩が上がらなくなり、メルマガを出す予定だったのが、キー
ボードをほとんどたたくことができなくなり、

メルマガを書くことができませんでした。

気をつけないといけないのですが、執筆は私の重要な仕事ですので、何とか継
続できるように鍛えます。

ところで……

相変わらず、

「あのメルマガ草創花伝って、誰が書いてるんですか?」

とよく質問されます。

かなり多くの方に質問されます。

私が書いているに決まってるじゃないですか……。

こんな独特のメルマガ、他に書ける人、いないです。良くも悪くも。
(苦笑)