2013年6月17日

「徹底する」を論理的に説明すると?【ピグマリオン効果】

● 今回のテクニック:【ピグマリオン効果(1)】

ピグマリオン効果とは、人間は周囲から期待されれば期待されるほど成果を出
す傾向が強くなることである。

教育現場における心理的行動のひとつ。

反意語は「ゴーレム効果」。教育者が期待しないことによって学習者の成績が
ダウンすることを言う。


───────────────────────────────────

● 今回のコミュニケーション例


部下 :
「私の後輩の3人、『報告・連絡・相談』が全然できません」


マネージャー :
「『報告・連絡・相談』ぐらいは徹底させろよ」


部下 :
「毎日1回は『ほうれんそう』をするように伝えたのです」


マネージャー :
「いつの話だ?」


部下 :
「今年の4月のことです」


マネージャー :
「4月のことか」


部下 :
「毎日『ほうれんそう』は、するようになりました」


マネージャー :
「しかし『徹底』されている、とは言えない」


部下 :
「よくわかりますね?」


マネージャー :
「お前の表情が物語ってる。苦虫をつぶしたような顔だ」


部下 :
「部長、それは誤用です。苦虫をつぶす、ではなくて、苦虫を噛みつぶす、
が正しい使い方です」


マネージャー :
「……君は、話の腰を折るのが得意だな」


部下 :
「真実です」


マネージャー :
「とにかく、そんなことをしてたらマイクロマネジメントになる。管理や干
渉を強くすればするほど、創意工夫ができなくなるものだ」


部下 :
「……いや、まったく。毎日『ほうれんそう』させても、何だか漏れを感じ
るのです。とても徹底されているようには思えない。ですから6月からは、
毎日2回『報告』させるようにしたんです」


マネージャー :
「そして、ストレスだけが、増えた」


部下 :
「……はい」


マネージャー :
「君はピグマリオン効果を信じていない」


部下 :
「期待すれば期待するほど、成績がよくなるって心理効果でしょ?」


マネジャー :
「成績だけじゃないけどな」


部下 :
「……」


マネジャー :
「マイクロマネジメントをするってことは、相手を信頼していない証拠だ。
業績が悪い会社ほど会議が多くなり、資料が増える。日報も書かせるし、週
報も書かせる」


部下 :
「それはどういう意味で?」


マネジャー :
「部下に期待をしないから、事細かな管理・統制をしたくなるのだ」


部下 :
「しかし……」


マネジャー :
「そんなに細かいやり方をしなくても、『徹底する』とはどういうことか、
を後輩たちに理解させればいい」


部下 :
「その言葉だけじゃ、理解してもらえないから悩んでるんです」



……「徹底しろ」と言えば済むことなのに、「徹底」できない人がいます。

客観的に「徹底している」と見られるコツをお伝えいたします。


●どうすれば「徹底している」と見られるか?「徹底できない人」の処方箋
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20130615-00025714/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

6月16日(日)は、20年以上つづけている知的障がい者のボランティア活
動の日でした。

体育館で、みんなとフライングディスク(いわゆるフリスビー)の競技を楽し
みました。

簡単そうに見えて、意外と簡単ではなく、奥が深い競技ですね。

それにしても、暑いです。

冷房のない体育館で1日過ごしていると、かなり体力が消耗します。20代前
半の若いボランティアの方々も、けっこうバテていました。

先週は4日間セミナーがあり、そのうち3回は7時間は超える講義です。今週
も同じペース。

私は意外とバテず、帰宅した後も家で家族4人分のパスタを作り、ふるまいま
した。(父の日でしたから!?)

いずれにしても、これからは体力勝負の日が続きます。

今週は四国や東北へも行きますので、移動距離も長い。

私の健康管理のコツは2つ。

とにかく早く寝る。夜9時を超えると思考が停止状態になるので、就寝時間が
夜10時を超えないように配慮したいです。

朝は4時から5時ぐらいには起きてしまうので、そこからランニング。肉体的
にかなりキツイときは、ウォーキングだけでもします。

早寝と早朝ランで、夏を乗り切ろうと思います。