2013年8月5日

できる人の「習慣」、そして「口ぐせ」とは?【アクノリッジメント】

● 今回のテクニック:【アクノリッジメント(11)】

アクノリッジメント(アクノリッジ)とは、相手に関心を寄せて承認し、その
ことを肯定的な言葉で伝えることである。

どのようなときも感謝の気持ちを忘れず、相手の可能性だけを見つめることに
より、行動の変革を促すことができるようになる。

承認することを目的とするぐらいに、承認を意識することが重要である。

承認が目的になってしまうと心が伴わない、と思われる方も多いだろうが、そ
れを気にしていたら何もできない。

「気持ちはあとからついてくる」

と考えるようにして、まずは「相手を承認する」という体験を積むことにフォ
ーカスして取り組むぐらいがちょうどよい。


───────────────────────────────────


● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「来週の水曜日までにこの資料を作ってほしい」


部下 :
「わかりました。来週の水曜日までにやります」


マネージャー :
「そのためにデータを情報システム部からもらってくれ」


部下 :
「かしこまりました」


マネージャー :
「どのデータをシステム部からもらうか知っているか?」


部下 :
「わかりません。というか、いま現時点ではわかりませんが、資料を作り始
めたら、わかるようになると思います。」


マネージャー :
「……うん。確かに」


部下 :
「明日にでもシステム部のMさんに連絡します」


マネージャー :
「M君とは面識があるのか?」


部下 :
「ありません。しかし、何とかします」


マネージャー :
「……確かに」


部下 :
「もしも何ともできなかった場合、相談させてください」


マネージャー :
「そ、そうだな」


部下 :
「他に何かありますか?」


マネージャー :
「先週、頼んでおいたリストの進捗はどうだろう?」


部下 :
「明日には完成予定です。YさんとTさんに相談してやりました。特に休眠
顧客は180社リストアップしています」


マネージャー :
「休眠顧客までリスト化しろって言ったかな?」


部下 :
「先週の金曜日に電話で相談させていただきました」


マネージャー :
「そ、そうか」


部下 :
「休眠顧客はリストアップしないほうがよかったでしょうか。Tさんは含め
たほうがいいだろうと仰ってましたが」


マネージャー :
「いや、君が言うんだから間違いないだろう。確かに金曜日に電話を受けた
ことは覚えているが、頭に入っていなかった。申し訳ない」


部下 :
「いえ」


マネージャー :
「……あ、そうだ。部長が9月の方針発表会のとき、若手に方針を発表させ
ようか、だなんて言っていたけど、もしそうなったら、君、やってみる気あ
るか?」


部下 :
「はい」


マネージャー :
「え……」


部下 :
「やります」


マネージャー :
「う、うん……。ところで方針発表会って、まだ出たことはなかったよ
ね?」


部下 :
「はい。今年の1月に中途入社していますから、まだです」


マネージャー :
「全社員の前での発表だから、けっこうみんな緊張すると言って、各部門の
長でさえ嫌がるんだよ」


部下 :
「全社員の前でのプレゼンならそうでしょうね」


マネージャー :
「君は緊張しないタイプか?」


部下 :
「いえ。もしそうなったら前の日は緊張して眠れなくなると思います」


マネージャー :
「それでも、やる、か……」


部下 :
「やれ、と言われたらやります」


マネージャー :
「うーん、君は私がこの会社に入って25年やってきた中で、一番変わった
部下だ。とにかく言い訳をしない。必ず『やります』って言うもんな」


部下 :
「皆さんに相談しないと何もできませんが」


マネージャー :
「そりゃそうだ。誰だってそうだよ。しかし『やります』と言う前に、いろ
いろと言い訳をする奴が多いんだ」


部下 :
「私は断れません」


マネージャー :
「どうしてだ?」


部下 :
「私みたいな『できない人間』に仕事を頼んでくださるんです。絶対に断れ
ません」


マネージャー :
「いやいや『できない人間』だなんて……」


部下 :
「今年入社して、いまだ明確な成果を出せていません。いつクビになるかと
思うと、夜も眠れません」


マネージャー :
「……まだ、食料庫で寝てるのか?」


部下 :
「朝、気がついたら、そこにいるときがあります」


マネージャー :
「……」


部下 :
「妻から、布団で寝て、とよく言われるんですが、無意識のうちに食料庫へ
移動してるんです。夜中に」


マネージャー :
「……」


部下 :
「父が豆腐店を経営しているときに使っていた食料庫です。あの店の匂いが
染み付いていて、なんか落ち着くんです」


マネージャー :
「……」


部下 :
「食料庫で目を覚まし、今日も会社に行けるんだ、と思うと、嬉しさがこみ
上げてきます」


マネージャー :
「前の会社とは違う。もう、君をクビにすることなんてない。君は本当に素
晴らしい部下だ」


部下 :
「前の会社でも、そう言われていました」


マネージャー :
「!」


部下 :
「前の会社でダメだったのは、自分のできる範囲でやろうとしたことです。
この会社では、自分のできる範囲以上のことをやります。絶対に」


マネージャー :
「素晴らしい。君は、本当に素晴らしい……」



……「できる人」はどのような習慣を持ち、どのような「口ぐせ」があるの
か? そしてその反対は?

コラム「草創花伝」にアップしました。現在、過去最高のアクセスを記録中。

◆ 「できる人」の習慣とは? 「できない人」の口ぐせとは?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20130730-00026823


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

最近、雑誌の取材が増えてきました。今日も午後から取材です。

そういえば、

iPhone Magazine別冊ムック『LINEの使い方がいちばん分かる本』に、私
の記事が掲載されています。

【仕事に効くLINE術】というテーマ。

以下のページでざっくり読めてしまいます。(買わなくても……)

http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=6632

今月号の「iPhone Magazine」にも記事がアップされるようです。もしご興味
がある方はチェックしてくださいね。