2013年10月31日

最もおススメする「時間活用術」の書籍【ハード・トゥ・ゲット・テクニック】

● 今回のテクニック:【ハード・トゥ・ゲット・テクニック(13)】

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、「あなただけが手に入れられる」
「あなたしかできない」という選民意識を相手に植えつけ、こちらの思惑通り
の行動へ誘導させるコミュニケーション術である。

営業のモチベーションアップ、もしくは行動変革を促す場合には、「君がオン
リーワンの存在なんだ」と訴えかける必要がある。

どんなコミュニケーション術でもそうだが、特にハード・トゥ・ゲット・テク
ニックを実践する場合は話す側の「心」が必要だ。本気で「あなただけ」とい
う気持ちがないと伝わるはずがない。


───────────────────────────────────


● 今回のコミュニケーション例


マネージャー :
「君は『締め切り効果』って聞いたことがあるか?」


部下 :
「ああ……。何だか聞いた覚えがあります」


マネージャー :
「締め切りが近づくと、普段よりも集中力が増すことだ」


部下 :
「確かに。締め切りに近づくと、とたんに『やらないと!』という気持ちに
なりますから」


マネージャー :
「だから、自分でタイムリミットを決めることで、仕事の効率を上げること
ができる」


部下 :
「けっこう締め切りギリギリになって慌てるんですよねェ。自分でタイムリ
ミットを作ったほうがよさそうです」


マネージャー :
「作業というのは、けっこう並列で実施することが多いだろう」


部下 :
「並列? ……ああ、確かに直列では、ないですね」


マネージャー :
「だから業務効率を上げるために『時間の地図』を作ったほうがいい」


部下 :
「時間の地図っ!? 何ですか、それは」


マネージャー :
「タスク管理とスケジュール管理を同時に行うため、時間の地図を作り、特
定の作業の『山』を作らず、平準化させていく方法だ」


部下 :
「……難しそう」


マネージャー :
「難しくない。君ならできる」


部下 :
「そう言われましても」


マネージャー :
「前職で工場の生産管理をしていただろう? 当社に来てデスクワークが増
えて戸惑うことも多いだろうが、考え方は似ている。作業を工程ごとに分解
して処理していくことだ」


部下 :
「はい」


マネージャー :
「君だからできるんだ。ぜひ、手本を見せてほしい」


部下 :
「かしこまりました」


……私のDVD1で、大量行動をするための「行動計画」のつくり方として、
「タスク → アポ → タスク'」という発想を紹介しています。

このネタ元は、時間管理術研究所の水口和彦氏の著書「たったこれだけのこと
で! 仕事力が3倍アップする時間活用法」の考えを取り入れたやり方です。

「絶対達成マインドのつくり方」で紹介している「倍速管理」という仕事術も、
「時間の地図」から着想しているといっても過言ではありません。

部下に貸してくださいと言われても「自分で買え」と突き放したほど、重宝し
ている「時間管理」の書籍を紹介します。

「時間管理術」のみを専門にしているコンサルタントが書いた本ですので、著
名なビジネスパーソンが書いた「時間管理術」とはレベルが違う内容です。


■ たったこれだけのことで! 仕事力が3倍アップする時間活用法
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788907550/mysterycon0c-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

昨今、予材管理の奥の深さを解説するために「予材管理5つ道具」というもの
を各セミナーでご紹介しています。

本日の日経ビジネスオンラインのコラムでは、そのうちで最も重要でかつ作成
することで気付きが多い「予材配線図」を紹介しています。

ただ、

初めて読む人には、このコラムだけで「予材配線図」の本質を理解するのはか
なり難しいと思います。

ぜひ、セミナーでご確認いただけると嬉しいのですが、セミナー参加が難しい
方も多いでしょうから、いずれDVDを用意したいと考えています。


● 営業をスキルアップさせずに目標を絶対達成
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131028/255145/