2015年2月16日

「落ち込んでいる時」に気持ちを切り替える方法とは?【フット・イン・ザ・ドア】

● 今回のテクニック:【フット・イン・ザ・ドア・テクニック(15)】

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは、はじめに小さな依頼を受け入れて
もらい、次に本当に頼みたいことを受け入れやすくするテクニックのこと。

最初の承諾が人間の心を拘束する心理術を応用している。ドアを開けた瞬間に
片足を捻じ込むセールスマンのテクニックからこの名が付けられた。ドア・イ
ン・ザ・フェイス・テクニックの反意語。

───────────────────────────────────


● 今回のコミュニケーション例


友人A :
「今日、これから日本酒のおいしい店があるから、そこへ行かないか?」


友人B :
「ああ、今日か……」


友人A :
「空いてるんだろう?」


友人B :
「うー……ん」


友人A :
「どうした」


友人B :
「最近、ちょっと落ち込んでてね」


友人A :
「何かあったのか」


友人B :
「仕事の関係で、メチャクチャ上司に怒られた」


友人A :
「へえ」


友人B :
「会議に遅刻したり、資料の提出期限を忘れていたり、お客様のフォローを
していなかったり……」


友人A :
「……」


友人B :
「ひとつひとつは大したことじゃないんだ。だけど気が緩んでいたんだと思
う。あるとき上司に呼び出されて、かなり強い調子で怒られた」


友人A :
「突然、上司に呼び出されたのか?」


友人B :
「正直に言うと、それまでもたびたび上司には注意はされていたんだけど、
それぐらいいいじゃないか、と思ってたんだよね。それがマズかった」


友人A :
「確かに、それはマズいかも」


友人B :
「その場で上司に何も言い返せなくって、あとで同僚に愚痴をこぼしたんだ
よ。小さなことで、イチイチあんなに怒らなくてもいいのにって」


友人A :
「ほォ……」


友人B :
「そしたら、その同僚にも言われたんだよ。『小さなことって言うけど、そ
の小さなことをコツコツ真面目にやらないとダメだろ。ハッキリ言って、み
んな迷惑してるんだから』って」


友人A :
「あらら」


友人B :
「同僚と言っても、年齢は2歳年下の、まだ29歳のヤツに言われたんだ。
なんか情けなくって」


友人A :
「ふーん……」


友人B :
「お前は確か、今の会社の中じゃあ、中間管理職だろ?」


友人A :
「そうだよ。お前んとこと違って、うちの会社はそんな大きくないから、俺
ももう課長。4人部下がいる」


友人B :
「なら、俺の上司の言い分もわかるか?」


友人A :
「そりゃあ……」


友人B :
「やっぱり、な」


友人A :
「……」


友人B :
「飲みに行ってパーッと忘れたほうがいいと思って、最近、毎日いろんな人
と飲みに歩いてるけど、全然気が晴れないんだよ」


友人A :
「……」


友人B :
「今朝も、他の上司から『やることが遅い』って注意されたし。なんか俺、
この仕事……向いてないのかな、なんて」


友人A :
「アドバイスでもしようか?」


友人B :
「え?」


友人A :
「なんか困ってるみたいだし」


友人B :
「おお。頼むよ。ドツボにはまってる感じだから、何とかしなくちゃいけな
いんだ」


友人A :
「いま、会社でやらなくちゃいけないことを、紙にすべて書き出すっていう
のはどう?」


友人B :
「え?」


友人A :
「やってみたら?」


友人B :
「いま、ここで?」


友人A :
「うん」


友人B :
「わかった。ええっと――」


友人A :
「……けっこうあるな」


友人B :
「13個ある。提案書の作成とか、業績管理シートの更新とか、お客様のア
ポとり、メールの返信とか、細かいものばかりだけど」


友人A :
「じゃあ、次に、それぞれのタスクの期限を書いていったら?」


友人B :
「タスクの期限、か――」


友人A :
「……あらら。半分以上は、期限が過ぎてるね」


友人B :
「確かに。お客様へのアポとりは、先週部長に言われたことだけど、まだや
ってないんだよな……。他にもメールの返信とか」


友人A :
「じゃあ、それぞれのタスクにかかる作業時間を見積もって、そこに書いて
いったら?」


友人B :
「タスクにかかる作業時間、か――」


友人A :
「どう?」


友人B :
「アポとりは1分。メールの返信は5分。提案書の作成は1時間。見積りは
……」


友人A :
「合計すると?」


友人B :
「2時間15分ぐらいかな……」


友人A :
「じゃあ、今からそれを2時間以内で全部やれば?」


友人B :
「はァっ!?」


友人A :
「パソコンとか携帯、持ってるんだろ? この喫茶店でできるよ。俺、さっ
き言った飲み屋でお前を待ってるから、2時間後に来てくれ。それからパー
ッと飲もう」


友人B :
「……」



……落ち込んでいるときに「気持ちを切り替える」ためには、先送りしている
目先の仕事を、思考ノイズが入らなくなるぐらいのスピードでやり切ってしま
うことをお勧めします。

現実逃避はやめましょう。

そのことを「絶対達成チャンネル」で解説しました。

本メルマガと伴わせてご視聴ください。(横山らしい発想です)


【絶対達成チャンネル】落ち込んでいる時気持ちを切り替える大切な考え方
https://www.youtube.com/watch?v=ki18h5Bzbxo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【28点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

連日ご案内しているように、3月に東名阪で「絶対達成LIVE」があります。

これまで、「絶対達成LIVE」は、ほとんどのケースで私のメルマガだけで
集客をしてきました。

しかし、このような「飛び道具」だけに頼っているといけません。新刊「空気
でお客様を動かす」にも書きました。

今まで「見えなかった」ものが、いつまでも「見えないまま」になってしまい
ます。

お客様と向き合うことができないのです。

現在は、アタックス・セールス・アソシエイツの全スタッフが、電話やメール、
商談を通じて、LIVEセミナーにお誘いしています。

セミナー集客の意味合いもありますが、あえてお客様と直接向き合う大いなる
機会にもなるからです。

1年に2回の「お祭り行事」ですから、ここで組織一丸となって「場の空気」
を作っていく、という意味合いも大きいです。