2015年8月10日

「年収100億円」をイメージングできるのか?【Iメッセージ】

● 今回のテクニック:【Iメッセージ(16)】

Iメッセージ(アイメッセージ)とは、「私」を主語にして相手の行動を促す
メッセージ。相手が行動することによって「私」がどう感じるのかを言葉で表
現することにより、相手が自主性を失わず承認に結びつく。コーチングの基本
テクニックであり、会話の中にさりげなく織り込むのがコツ。

反対にYOUメッセージ(ユーメッセージ)とは、「あなた」を主語にするメ
ッセージ。例えば「早くやりなさい」「報告・連絡・相談をしっかりしろ」
「きっちりやるように」などである。「私」と「あなた」との繋がりが断絶さ
れているので、相手に抵抗が生まれ、反発が生まれやすい。


───────────────────────────────────


● 今回のコミュニケーション例


部下 :
「知ってますか、課長。世界で最も稼いだ俳優って誰か?」


マネジャー :
「え、誰だろう……。ハリウッドスターか?」


部下 :
「そうです」


マネジャー :
「スティーブ・マックイーンか」


部下 :
「え! スティーブ・マックイーンって……30年ぐらい前に亡くなれてま
すよ」


マネジャー :
「ポール・ニューマンか?」


部下 :
「ポール・ニューマンも亡くなれています。『タワーリングインフェルノ』
のファンだったんですか?」


マネジャー :
「それなら……。ロバート・レッドフォード?」


部下 :
「違います。自分の好きな俳優を言ってるでしょう?」


マネジャー :
「だったらトム・クルーズか?」


部下 :
「惜しい! トム・クルーズは6位だそうです。だいたい50億円だそうで
すよ」


マネジャー :
「ご、50おくえんっ?」


部下 :
「はい。1年で50億円です。それで6位……」


マネジャー :
「凄いな。凄い世界だな、映画俳優の世界っていうのは」


部下 :
「はい。じゃあ、1位は誰でしょう?」


マネジャー :
「わかんないよ! このメルマガを読んでいる読者も、もういい加減、うん
ざりしてるはずだ」


部下 :
「いつも長期休み中のメルマガは、軽い内容を書いてるんですよ、横山さん
は」


マネジャー :
「いいから早く教えろ。横山さんの事情は関係がない」


部下 :
「ロバート・ダウニー・Jrです。収入はだいたい100億円」


マネジャー :
「だうにーじゅにあ? 知らないな……」


部下 :
「『アイアンマン』の主役ですよ。『アベンジャーズ』とかが大ヒットして
るんです」


マネジャー :
「わからん。全然知らない。ま、そうは言っても100億円というのはスゴ
イな」


部下 :
「しかも3年連続1位らしいです」


マネジャー :
「凄すぎて、なんだかわからない。当社の年間売上が40億ぐらいなんだか
ら、想像できないよ」


部下 :
「課長は100億円あったら、何に使いますか?」


マネジャー :
「え」


部下 :
「100億円があったら何に使いますか? 豪遊ですか? 豪邸を建てます
か? 豪華客船で世界一周ですか? それとも豪快に自家用ジェットでも買
いますか?」


マネジャー :
「わざとらしく『豪(ごう)』『豪(ごう)』『豪(ごう)』『豪(ご
う)』って言うなよ。そんな豪勢にやってどうするんだよ」


部下 :
「だって100億円ですよ、100億円……。夢が広がるじゃないです
か?」


マネジャー :
「本当か?」


部下 :
「えええ」


マネジャー :
「お前、本当に夢が広がるか?」


部下 :
「どうしたんですか、急に?」


マネジャー :
「いやいや、本気で聞いてんだよ。上っ面な話をしててもしょーがねーだ
ろ」


部下 :
「100億円あったら、いろんな夢が叶いますよ」


マネジャー :
「だからァ、具体的に言えよ。お前だったら何をやるんだ?」


部下 :
「私だったら、クルーザーでも買いますね。南の島に別荘を買って、そこに
個人のクルーザーを停泊させ、毎晩パーティです」


マネジャー :
「誰を呼ぶんだ? 俺か?」


部下 :
「え? いや、課長が来てくれるなら、もちろん呼びます」


マネジャー :
「そんなところへ行く金も時間もないよ。誰とパーティをするんだよ」


部下 :
「そんなに突っ込まないでくださいよ。たとえばの話じゃないですか」


マネジャー :
「そうだな。でも、1000万、2000万の話なら、何となくイメージで
きるけど、100億円だと、まったく想像がつかない」


部下 :
「そう言われると、そうですが……」


マネジャー :
「なんかワクワクしないんだよ」


部下 :
「えええええ。そうですか? 100億円が手に入ると思ったらワクワクす
るでしょう!」


マネジャー :
「そうかなァ」


部下 :
「ワクワクしない人なんて、この世にいないと思いますよ」


マネジャー :
「俺は、この会社を40億円から100億円の売上に伸ばす、って考えたほ
うがワクワクするね」


部下 :
「……」


マネジャー :
「庶民だから、そう思うんだろうけど、俺の正直な感想だ」


部下 :
「……」


マネジャー :
「たぶん、そのダウニーさんも、いきなり100億円を手にしたわけじゃな
いんだろう? 徐々に収入が増えていったはずだ」


部下 :
「そ、そうでしょう」


マネジャー :
「俺たちみたいなのが100億円を思い浮かべても、シラケるんだよ。そん
な大金のことをイメージしようとしても緊張して、ワクワクどころじゃな
い」


部下 :
「……」


マネジャー :
「俺は昔から好きでバンドをやってるけど、突然、元オアシスのノエル・ギ
ャラガーと一緒に住めるって言われても、どうしたらいいかわからない」


部下 :
「はァ……」


マネジャー :
「ノエルにサインは欲しいけど、一緒に住みたくはない。緊張して、どうし
たらいいかわからない」


部下 :
「そりゃあ」


マネジャー :
「でも、楽器屋の店長とだったら、一緒に住みたいと思うね。ギターについ
て夜通し語り合える。ワクワクするね」


部下 :
「わが社を100億円にする、ですか。今の2.5倍ですね」


マネジャー :
「5年前に1度だけ50億円を超えたんだが、そのまま右肩下がりだ。去年、
ついに40億まで落ち込んだ」


部下 :
「それをもう一回、50億まで戻し、さらにそこから倍の売上にする、とい
うことですか」


マネジャー :
「ワクワクしないか?」


部下 :
「ちょっと、ワクワクする気が……します」


マネジャー :
「100億円まで売上が伸びたとき、社長はどんな顔するかな?」


部下 :
「感無量、って感じじゃないですかね」


マネジャー :
「じゃあ、お前はどんな感情を持つ?」


部下 :
「私、ですか」


マネジャー :
「そう」


部下 :
「私も……『感無量』な気分になると思います」


マネジャー :
「ダウニーさんのように100億円の年収が手に入っても、同じように『感
無量』となるか?」


部下 :
「それは……ならない、でしょうね」


マネジャー :
「そうだなァ」


部下 :
「……」


マネジャー :
「俺はお前に、『感無量』だと思ってもらえるような目標を持ってもらえる
と、すごく嬉しい」


部下 :
「はい……」


マネジャー :
「お前が100億円の年収を手にするより、俺は嬉しいよ」


部下 :
「わかりました。心底、ワクワクする目標を持ちます」



……荒唐無稽な目標を立ててもよいですが、それをイメージすることで心底ワ
クワクできるのであれば、いいと思います。

「絶対達成する決断力のつけ方」に書いたように、五感をフル活用してイメー
ジングできればいいのです。

しかし多くの人は、想像する行為から逃避します。

「実現しないようなことを詳しく夢想しても、虚しいだけ」

と考えるからです。

「不可能な目標」より「困難な目標」を目指しましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【29点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

8月4日に、大阪でも「絶対達成社長の会」がスタート。

東京、名古屋、大阪で同時開催し、ネット中継する「モンスター朝会」が今年
の11月から始まります。

https://www.facebook.com/PAG.Presidents

現時点では、東名阪で開催していますが、今後は北海道から沖縄まで、日本全
国で展開していく予定です。

オフィシャルサイト製作もまだ追いつかないほどのスピードで、進化していま
す。(現時点ではFBページしかありません。それでも参加者は口コミで急増
中)

「経営者」でなくとも参加できますので、興味のある方は早朝から刺激的な朝
を過ごしてみませんか。

今、この「絶対達成社長の会」に参加されている方は、ほとんど「イノベー
ター」だと思います。

「アーリーアダプター」も「アーリーマジョリティ」も、参加するかもしれま
せんが、徐々にその「空気」に違和感を覚えて、遠ざかっていくことでしょう。

組織人ならともかく、経営者、もしくは起業家を目指すのであれば、納得しな
いと動けないか? 他にどういう人が参加しているか確認してからでないと動
けないか? 「インスピレーション」に頼って衝動的に動けないか?

ここが問われていると私は思います。

東京で1月にスタートしたこの「絶達会」に、いま定着している人は、紛れも
なくイノベーターであり、イノベーションを起こすことができる気概と情熱に
溢れています。

そういう人たちと触れ合ってみませんか。

皆さんの参加をお待ちしています。

(※「絶対達成社長の会」は、5月より、一般社団法人 絶対達成社長の会が
運営母体となっており、アタックスセールスアソシエイツの事業とは切り離し
ています)