2015年11月9日

【「めんどう」と思わなくなる練習】メルマガ草創花伝 vol.755

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『「めんどう」と思わなくなる練習』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


●マネジャー :
「来週中にお客様を50件まわり、15人のキーパーソンに会うことになっ
ていた。それができていない。どうしてだ?」


○部下 :
「ええっと……。め、面倒だったからです」


●マネジャー :
「そうか。面倒だったんだな?」


○部下 :
「うーーーーん……。は、はい。面倒でした」


●マネジャー :
「じゃあ、今週はできるな?」


○部下 :
「え?」


●マネジャー :
「そうだろ? もしかすると、今週もやるのが面倒なのか?」


○部下 :
「いや、あの、その……。違います」


●マネジャー :
「どうやったらキーパーソンに会えるのか、M主任に尋ねろと言ったが、そ
れはやったのか?」


○部下 :
「あ、そういえば……」


●マネジャー :
「M主任に聞いてないんだな。どうしてだ?」


○部下 :
「それは……め、面倒だからです」


●マネジャー :
「そうか。面倒だったんだな」


○部下 :
「そ、そうですね……。うーむ、そうです」


●マネジャー :
「じゃあ、今週はM主任に質問できるな?」


○部下 :
「で、できますね。できない理由が見つからないです」


●マネジャー :
「2週連続で『面倒だからやらなかった』となれば……」


○部下 :
「社会人失格です」


●マネジャー :
「そうだろうなァ」


○部下 :
「……」


●マネジャー :
「……」


○部下 :
「課長」


●マネジャー :
「なんだ?」


○部下 :
「このやりとり、キツいっす」


●マネジャー :
「どうしてだ?」


○部下 :
「課長に『やらない理由をすべて、面倒だから、にしろ』と言われてそうし
ましたが……」


●マネジャー :
「でも、実際にはそうだろ?」


○部下 :
「う……」


●マネジャー :
「時間がないからできない、とか、M主任が忙しそうだから質問できなかっ
た、とか、すべて言い訳。よくよく考えてみると、面倒だから、気分が進ま
ないから、やりたくないからやらなかった。そうだろ?」


○部下 :
「ううう……」


●マネジャー :
「……」


○部下 :
「そ、そう……ですね。条件反射的に、妙な言い訳をする癖がついていまし
た」


●マネジャー :
「そうそう。だから、言い訳をしたくなったときには、条件反射的に『面倒
だから』と言い訳をする癖をつける。これでいいんだ」


○部下 :
「ううう……」


●マネジャー :
「そうすると、どうなる?」


○部下 :
「どうなりますか?」


●マネジャー :
「もっと面倒なことになるだろ?」


○部下 :
「はい」


●マネジャー :
「さらに面倒なことになりそうだから、つべこべ言わずにやろうと思えてく
る」


○部下 :
「はい。その通りです。課長とのこのやり取り自体が、最高に面倒くさいで
すし、本当にイヤな気分になります。やるだけで済むことなんだから、とに
かくやります」


----------------------------------------------------------------------

面倒なことをするのは、本当に面倒くさい。

けれども、その面倒なことをしないと、もっと面倒なことになるという境遇を
作ってしまうと、どんな面倒なこともやろうとするでしょう。

面倒だという感覚は、行動を起こす前にしか抱かないことを覚えておきましょ
う。その行動をしている最中、そしてその行動を起こした後に、「面倒だ」と
いう感覚を抱くことはほとんどないのですから。

----------------------------------------------------------------------

【43点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が知的障がい者のボランティア活動をスタートさせて、今年で25年となり
ます。

とても小さな活動ですが、私にはとても大切なライフワークです。

11月8日(日)はそのボランティア活動で、あるイベントに参加してきまし
た。

高校生や大学生の吹奏楽部、ダンス部、ボランティアサークルが、いろいろと
出し物をしてくれたのです。

すごく前向きで、明るい高校生や大学生の方々と触れ合っていると、とても新
鮮な気持ちになりますね。

普段、私にはそういう機会がないものですから、いろいろな意味で活力をもら
いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕11月13日販売スタート! 新刊『話を噛み合わせる技術』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

話が噛み合わない「要注意人物」と話をしていると、とても「面倒」です。

しかも、うまく対処しないと、さらに「面倒」なことになります。

話が噛み合わない要注意人物の特徴と、その対処方法について、新刊『話を噛
み合わせる技術』ではしっかりと解説しています。

いよいよ11月13日に全国の大型書店で販売スタート。(ネット書店等では
20日から)どうぞよろしくお願いいたします!

■『話を噛み合わせる技術』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894516896/attaxsales-22/ref=nosim