2015年12月27日

【「失敗」がニュースになる人になれ!】メルマガ草創花伝 vol.767

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『「失敗」がニュースになる人になれ!』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


●マネジャー :
「驚いたな。まさか君が遅刻するなんて……」


○部下 :
「本当に申し訳ありません。たるんでおりました」


●マネジャー :
「夕方4時から会議だと言っていたのに5分も遅れてきた。AさんやB君なら
ともかく、いつも時間管理を徹底している君が遅刻するなんて」


○部下 :
「本当に申し訳ありません」


●マネジャー :
「何か理由があるんだろ。客先での打合せが長くなったのか」


○部下 :
「そういうこともあるかもしれませんが、理由になりません。申し訳ありませ
ん」


●マネジャー :
「そうか……。言い訳をしないなんて、潔いな。B君とかだと、いつも言い訳
ばかりだが」


○部下 :
「以後、気をつけます。本当に申し訳ありません」


●マネジャー :
「いいよ。他のヤツならともかく、君が時間に遅れるなんて、3年に1回ある
かどうかなんだから」


○部下 :
「……」


●マネジャー :
「ところで今年1年を振り返ってどうだ?」


○部下 :
「はい。目標は達成しましたが、大型案件を取りこぼしました。本当に痛い失
敗です」


●マネジャー :
「ああ、9月の案件だろう」


○部下 :
「そうです。絶対に受注できる案件でしたのに、本当に申し訳ありません」


●マネジャー :
「うーん……。C君やDさんならともかく、君がああいう案件を取りこぼすな
んて、滅多にないからな。白鵬が平幕に負けるようなものだ」


○部下 :
「申し訳ありません。もう二度とああいう失敗はしないようにします」


●マネジャー :
「あれだけの案件を受注にこぎつける営業部員なんて、ほとんどいないんだか
ら、そんなに心配することはないだろ」


○部下 :
「社長からも『どうしたんだ。何かあったのか?』と声をかけられました」


●マネジャー :
「そうだな。社内の誰もが驚いた。しかし、あれから12月にかけて大型案件
の受注ラッシュだった」


○部下 :
「ああ、それは、もちろん。あんな失敗は二度としたくないですから」


●マネジャー :
「スゴイな……。神業かと思ったよ。さすが、としか言いようがない。白鵬が
平幕に負けてから、3場所連続で全勝優勝したみたいな暴れっぷりだ」


○部下 :
「いつものようにやれば確実に結果は出せます」


●マネジャー :
「すごいな」


○部下 :
「あ、そういえば今年一年を振り返って、もう一つ大きな出来事があります」


●マネジャー :
「なんだ?」


○部下 :
「彼女にふられました」


●マネジャー :
「ええっ!」


○部下 :
「ビジネスとは関係がありませんが、すごくショックです」


●マネジャー :
「えええ……。君がふられた? 当社の"佐藤健"とも言われた君が?」


○部下 :
「佐藤健、ですか。それならいいですが、庶務の人からは、当社の"ジャステ
ィン・ティンバーレイク"と言われてました」


●マネジャー :
「ジャスティン・ティンバーレイク? ちょっと違う気がするが、いずれにし
ても、もの凄いプレイボーイの君が、女性にふられるなんて驚きだ」


○部下 :
「来年は30歳になりますから、一から出直すつもりでやります」


----------------------------------------------------------------------

……以下は、プロサッカー選手、三浦知良氏の名言です。

「成功した時にスポーツ紙の一面になるのは普通の選手。失敗した時にスポー
ツ紙の一面になる選手は限られている。一面で失敗を取り上げられ叩かれるこ
とに誇りを持てばいい」

成功が「あたりまえ化」すれば、失敗することが話題となり、ニュースになり
ます。

ところで「失敗」をテーマにしたこちらの動画は、ビジネスに関わる多くの人
に参考になると思いますので、ぜひ観ていただきたいです。

■「失敗体験」をスムーズに検証する方法
https://youtu.be/BywN7Q_smwU

----------------------------------------------------------------------

【12点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とにかく安定することがキライで、いつも何かにチャレンジしていたいと願う
私は、「現状維持」したがる人に強烈な違和感を覚えます。

「安定志向」ではなく「不安定志向」なのでしょうか。

来年の干支は「申(さる)」だそうです。しかし、サルだからどうのこうの、と
いうのはあまり気にせず、常に私は「猪突猛進」。

失敗すればするほどストレス耐性がアップし、精神的にタフになれるだろうと
思えます。

明日は、今年読んだ本で、私が最もお勧めしたい書籍を号外メルマガにて紹介
いたします。