2016年1月4日

【今年のキーワードは「十年達成」】メルマガ草創花伝 vol.771

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『今年のキーワードは「十年達成」』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○部下 :
「今年はやりますよ、部長! とにかく気合が入ってます。絶対にやり切って
やる。絶対達成だっ! やるぞォォ! うォォ! という感じです」


●マネジャー :
「わかったわかった」


○部下 :
「わかったわかったって……。そんな冷めた言い方はよしてください!」


●マネジャー :
「落ち着け」


○部下 :
「新年早々、そんなにクールでいいんですかっ! 部長がそんな冷めた態度で
は、誰もついてきませんよ! やりましょう! やるんです! とにかく絶対
達成! すべての行動をやりつくし、すべての結果をわがものにするっ!」


●マネジャー :
「ちょっと待てって……」


○部下 :
「やるぞ、やるぞォォォォォォォォ!」


●マネジャー :
「すべての結果をわがものにするって……」


○部下 :
「今年一年、絶対に、気持ちを、切らさないィィィィ!」


●マネジャー :
「ああ、もう、うるさいっ」


○部下 :
「お祭り男の私が、チームを盛り上げます! いえ、会社全体をも盛り上げま
すよっ!」


●マネジャー :
「新年早々、うるさいって! 気合を入れすぎだ!」


○部下 :
「いくぞっ! やるぞっ! 出すぞっ! 結果っ! 達成するぞっ! 絶対に
っ! やるぞっ! 出すぞっ! いくぞっ! やるぞっ!」


●マネジャー :
「うるさいって!」


○部下 :
「……も、申し訳ありません」


●マネジャー :
「君が去年、目標を達成できたのは、本当に評価している。しかし、調子に乗
らず、気を引き締めてもらいたい」


○部下 :
「わかりました。部長、ただですね……」


●マネジャー :
「なんだ?」


○部下 :
「私は目標を達成するコツを掴みました」


●マネジャー :
「……」


○部下 :
「部長、私はコツを掴んだんです」


●マネジャー :
「……もういい。もういい」


○部下 :
「いや、ホントなんです。こうすれば目標が達成するという領域に、私はすで
に到達したんです」


●マネジャー :
「もういいって」


○部下 :
「私には見えました! ああ、見えたんです! あの目標達成のブルースカイ
がっ! ああ、私の愛しのブルースカイ!」


●マネジャー :
「もうやめろ! 最近このメルマガ登録した人が全員、解約していってしまう
わっ! 新年早々、縁起が悪い!」


○部下 :
「私の愛しのブルースカイをバカにするんですか?」


●マネジャー :
「君は酒でも飲んでるのか? ふざけ過ぎだ!」


○部下 :
「も、申し訳ありません……」


●マネジャー :
「昨年の目標は確かに達成した。しかし、後半の3ヶ月は完全に失速したじゃ
ないか。それを忘れたのか」


○部下 :
「部長、あれは少し気を抜いたからです。すぐに挽回できます。何しろ私はコ
ツを掴んでブルースカイに到達し……」


●マネジャー :
「私は"コツ"だの"秘訣"だのを信用しない。そして"挽回"という言葉を
使うような人間の言葉も信用しない」


○部下 :
「え……」


●マネジャー :
「いかに、行動を習慣化させ、淡々とやるべきことをやれるか、だ」


○部下 :
「そんな、退屈な……」


●マネジャー :
「種をまいて、水をまき続け、実がなりそうな花を見つけたら刈り取る準備を
しろ」


○部下 :
「種まき、水まき……」


●マネジャー :
「君は後半の3ヶ月、『水まき』を怠って、『刈り取り』ばかりに専念するよ
うになった。『刈り取り』だけで結果を出せた時期があったからだ」


○部下 :
「そ、そういえば……」


●マネジャー :
「現在も将来も、一定量の花を咲かせるために、地道な種まきと水まきが必要
だ。それは退屈な行動かもしれないが、それを習慣化させることが、目標達成
の一番の近道だ」


○部下 :
「は、はい」


●マネジャー :
「自己投資を繰り返したまえ。お客様との地道な接触、コミュニケーションを
継続しろ。種まき、水まきに気合いだの根性だの要らない。淡々とやりたまえ。
目先のことばかり目を向けず、将来、大輪の花を咲かせるための行動をするん
だ」


○部下 :
「わかりました。部長」


●マネジャー :
「今年は『十年達成』がキーワードだ。まだ君は『一年達成』の状態。まだま
だだよ」


----------------------------------------------------------------------

……将来の大きな報酬よりも、目先の小さな報酬にばかり意識を向ける。

だから現状を変えずに、今の状態を維持したいという心理欲求にかられる。そ
れが「現状維持バイアス」です。

目先のことのみならず、将来にも目を向けた行動を指標化し、管理し、「十年
達成」できる習慣を身に着けましょう。

ところで、明日の日経ビジネスオンラインのコラム【絶対達成2分間バトル】
のテーマも「十年達成」です。

連載スタートしてから、もうすぐ3年目。「絶対達成2分間バトル」も、どう
ぞよろしくお願いいたします。

■ 横山信弘の「絶対達成2分間バトル」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140116/258310/

----------------------------------------------------------------------

【9点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の12月30日から、今年の1月1日まで、我が家は東京ディズニーリ
ゾートで過ごしました。

ほぼ初体験の私は、かなり疲れました……。

想像はしていましたが、本当に、ものすごい人混みですね。3日間、ずっとア
ドレナリンが出まくっていました。

それにしても、

著書「空気でお客様を動かす」に書いたように、あのような場所にいると、皆
さん

"財布のひも"が緩みますね……。

これでもか、というぐらいに、お金を落とすシステムが点在していて、ある意
味、マーケティングの勉強になりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕発表! Yahoo!ニュースコラム「草創花伝」12月月間ランキング10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月の月間PV総数は約60万PV。よく読まれた記事は以下の通りです。

■1位:VAIOが東芝・富士通と事業統合するメリットはまったくない
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151205-00052147

■2位:JXも東燃ゼネも東芝もシャープも、統合することで本当に事業再構
築できるのか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151206-00052173

■3位:「知識」で圧倒する話し方
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151226-00052823

■4位:軽減税率のグレーゾーン コンビニの「イートインコーナー」が外食
産業を窮地に追いやる?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151211-00052326

■5位:「ホワイト企業」の定義に対する、とてつもない違和感を公表したい
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151207-00052191

■6位:「言われたことしかやらない人」のための――「それでそれで分析」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151105-00051143

■7位:東芝不正会計事件により、オリンパスは「とばっちり」を受け続ける
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151208-00052225

■8位:「本気度」を診断する3つのチェック項目
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151223-00052719

■9位:
「第三者委員会」がダメなら、外国人で構成する「第四者委員会」の設置も必
要な時代に?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151202-00052039

■10位:男子バスケ「Bリーグ」は、プロスポーツビジネスに新しい風を吹
かせることができるか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151204-00052099

私としては『短期間で結果を出す「高速テストマーケティング」』という記事
に力を込めたのですが、ランキングでは18位でした。