2016年1月18日

【「なんか忙しい人」への教育をどうする?】メルマガ草創花伝 vol.774

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『「なんか忙しい人」への教育をどうする?』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


●マネジャー :
「あるセミナーで、とても大切な概念を聞いた」


○部下 :
「え? なんですか、それは。教えてください」


●マネジャー :
「『重要―緊急マトリックス』、というフレームワークだ」


○部下 :
「ああ、聞いたことがあります」


●マネジャー :
「え、そうなのか」


○部下 :
「重要でかつ、緊急性の低いものに、どれだけ意識を向けられるか、という話
でしょう?」


●マネジャー :
「そうそう」


○部下 :
「説教くさい話ですよね」


●マネジャー :
「説教くさい話を、マトリックス図を使って解説されたら、説得力あるよ」


○部下 :
「わかります!」


●マネジャー :
「人財教育もそうだよな。緊急性があるか、というとそうじゃないけれど、重
要なことだから、それを先送りにしたらダメだ」


○部下 :
「健康管理と一緒ですね。病気になってから対策をとっていたらいけない、と
いうことでしょう」


●マネジャー :
「人間の体も、会社組織も同じだな。日ごろから良質な栄養を取り入れること
が重要だ」


○部下 :
「大事だとわかっていても、なかなか意識しないですものね」


●マネジャー :
「君は本を読むのか?」


○部下 :
「本ですか? 読まないです、ね……。1ヶ月に1冊ぐらいです」


●マネジャー :
「1ヶ月に1冊か。少なすぎる。年に12冊しか本を読まないんだったら、読
書しているとは言えない」


○部下 :
「そうですね……。栄養をほとんどとっていないと言ってもいいです」


●マネジャー :
「毎日インスタント食品ばかり食べているようなもんだ」


○部下 :
「若いころは、もっと読書しませんでしたよ。30歳を過ぎ、グループリー
ダーになってからです。1ヶ月に1冊、読むようになったのは」


●マネジャー :
「そういやあ、若い奴は全然読んでなさそうだな」


○部下 :
「読書をすれば、うまくいくというと、そうではありませんが、うまくいって
いる、ほぼすべての人は読書習慣がある。……誰でも言ってることですよね」


●マネジャー :
「そうそう。真理だ」


○部下 :
「本を読んでないと、本の読み方を忘れちゃうんです。やはり習慣にしないと
いけません」


●マネジャー :
「君はセミナーを受講しないのか、人事部から言われているだろう。セミナー
のほうが、本を読むより手っ取り早くノウハウが頭に入るぞ」


○部下 :
「そうなんですけど、日程が全部合いません。」


●マネジャー :
「人事部から複数のセミナーを紹介されていたはずだ」


○部下 :
「いや、本当に全部空いてないんです。試しに週末のスケジュールを検索して
みましたが、それでも合わないんです」


●マネジャー :
「忙しいなあ」


○部下 :
「課長だって、そう簡単にセミナー受けられないでしょう」


●マネジャー :
「そうなんだ。お金の問題じゃなく、たまたま時間が空いてなかったり、開催
場所が遠かったりして、受講したくてもできない」


○部下 :
「そうですよね」


●マネジャー :
「なんで、こんなにスケジュールが埋まってるんだろう。昔はもっと社外のセ
ミナーや研修に参加したものだが」


○部下 :
「今の子どもたちと一緒です。我々も、なんか忙しいんですよ」


●マネジャー :
「ああ、わかるわかる! うちの子どももまだ小学生なんだが、平日でも友だ
ちと遊ぶ時間がない」


○部下 :
「学校から持って帰ってくる宿題の量も多いし、それ以外に公文とかやってま
すから」


●マネジャー :
「ああ、公文か。わが家はこどもちゃれんじだ」


○部下 :
「小学校1年生のころから、地域で野球チームにも入ってるんです。それも意
外と忙しいんですよ」


●マネジャー :
「そうなんだ、うちの子も水泳を習わせているが、なんか忙しい。本格派を目
指しているわけでもないのに」


○部下 :
「当社も人事開発委員会とか、品質管理委員会とか、ありますよね」


●マネジャー :
「あるある。委員会やプロジェクトが」


○部下 :
「ああいうのがあるから、なんか忙しいんですよ」


●マネジャー :
「そうなんだ。我々も、子どもたちも、なんか忙しい。みんな、なんか忙しい
んだ」


○部下 :
「なんか忙しい世の中だから、重要―緊急マトリックスの話をされると、すご
く反省させられます」


●マネジャー :
「重要でかつ、緊急性のないことを、どれぐらいやってるかというと、なんか
忙しいから、全然できていない」


○部下 :
「はい。部下育成なんて、大事だと思いながら、かなり疎かになっています。
もっぱら『OJT』です」


●マネジャー :
「『OJT』なんて、人財教育のひとつに入らないだろ」


○部下 :
「そうですね。『わが社はOJTで部下育成してます』と言ったら、『わが社
は取り立てて部下育成を意識していません』と言っているのと同じですから」


●マネジャー :
「一番の問題は、会社側が管理者にしか教育しようとしないことだよ」


○部下 :
「そ、そうですよ! 私や課長は、マネジメントの仕事もあるし、家庭のこと
もある。もっと若い人を外部セミナーに行かせればいいんです」


●マネジャー :
「そうは言っても、なかなか……」


○部下 :
「私もそうでしたが、若いころは自主的に本も読まないですよ。もっと会社が
力を入れて教育しないと。私がOJTでやろうと思っても、どうせやりません
し」


●マネジャー :
「今日はガンガン本音を言うなァ、君は。でも、若い人も意外と忙しいだろ
う」


○部下 :
「そうなんです。若いからといって、暇な人はいません。みんな、なんか忙し
いんです」


●マネジャー :
「なんか忙しい人が増えた現代に、どう人材教育をしていくか、だなァ」


----------------------------------------------------------------------

……企業における人材教育の方法はドンドン多様化しています。

昔ながらの「時間と空間」を拘束して教育するやり方は、効果があります。

しかしその効果も一時的であるし、継続的に「時間と空間」とを拘束し続けら
れるかというと、昨今、とても難しい時代となってきました。

私が7年間続けた「絶対達成セミナー」を昨夏に終了したのは、次の未来を見
据えるためです。

いよいよ私たちの新しいサービス「絶対達成プライム」の案内をするときが来
ました。

今週水曜日(1月20日)に「絶対達成プライム」のサービスをご案内します。

社員が10人であろうが100人であろうが、月額たった【1万1800円】
で、すべての社員が均等に教育を受けられる会員サービスをスタートします。

ほぼ、スマホ1回線分の料金です。一法人であっても。

1月20日(水)の号外メルマガをお待ちください。

----------------------------------------------------------------------

【21点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月からスタートする「絶対達成プライム」というサービスは、人財教育事業
における破壊的イノベーションだと私は信じています。

私たちのコンテンツパワーと、プラットフォームも同時に手に入れるわけです
から、極端にまで価格を落とすことできます。

コンテンツがなく、プラットフォームのみを有する、メディア、研修事業会社、
金融関係……は脅威のはずです。

しかも70年の歴史を誇る当社グループのコンテンツまで、価格をアップする
ことなく上乗せして提供することになれば、カバーする人財教育のエリアは広
がります。

また、プライム会員になると、ほぼすべての当社サービスが1割引きとなりま
す。

100万円の研修も、2000万円のコンサルティングも1割引きです。

こうなると、研修やコンサルに興味がある企業が、プライム会員にならない理
由はなくなりますので、

本当に当社コンサルティングや研修サービスに興味があるかどうかの識別がで
きるようになります。

コンテンツとプラットフォームさえあればできるビジネス、ということではな
く、これまでの積み重ねで、私たちが膨大な「関係資産」を築いてきたからこ
そ、できるビジネスですよね。

モビリティの力を借りながら、どんどん良質なコンテンツを「絶対達成プライ
ム」のサービスに上乗せしていきたいと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕「絶対達成LIVE2016」は、広島のみ残席5名!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成LIVE2016」は広島(2月2日)以外、すべて満席となりま
した。

まだ1ヶ月近くあります。残席5名ほどです。広島周辺の方は、ぜひこの機会
にお申込みください。

また広島支店のある企業の方は、本セミナーを広島周辺の方々にご紹介いただ
けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

■ 新春セミナー「絶対達成LIVE2016」

【広島】2016/02/02(火)14:00~16:00
http://attax-sales.jp/seminar/open/629/