2016年2月18日

【健全な忙しさと比例する「生きてる実感」】メルマガ草創花伝 vol.784

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『健全な忙しさと比例する「生きてる実感」』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


●マネジャー :
「今からA社へ行く。準備はできてるか」


○部下 :
「昨夜のうちに提案書を作り、今朝がた部長に承認を得ました」


●マネジャー :
「見積額は変えたか」


○部下 :
「はい。ランチ時に先方の係長をつかまえて、最終確認をしました。この見積
額で大丈夫です」


●マネジャー :
「わかった。今から行けば約束の3時には間に合う」


○部下 :
「品質管理部とのミーティングはいいんですか?」


●マネジャー :
「ゴタゴタが続いているが、主任に任せてきた。総務とやり合ってるが、粘り
強く話をして誤解だけはなくなった」


○部下 :
「良かったです」


●マネジャー :
「ところで君はA社に同行できないんだろう?」


○部下 :
「はい。C社でトラブルが発生して、現場担当から呼び出しがありました。す
ぐに駆けつけます」


●マネジャー :
「夕方5時にはF社とアポがある」


○部下 :
「間に合います。16時までに最寄りの駅につけば大丈夫です」


●マネジャー :
「ギリギリになりそうだったらタクシー使え。俺が出す」


○部下 :
「ありがとうございます」


●マネジャー :
「F社への提案は準備できてないだろう」


○部下 :
「C社でのトラブルをおさめてから、移動中に作ります」


●マネジャー :
「データを貸せ。俺がやる」


○部下 :
「しかし課長」


●マネジャー :
「迷ってる暇はない。パソコンをここで開いて、このUSBメモリに提案書を
入れろ」


○部下 :
「わかりました。2分待ってください」


●マネジャー :
「A社の提案が終わったら駅前の公衆電話の上にパソコンを乗せて提案書を仕
上げる。A社の帰りに2度ほどやったことがある」


○部下 :
「公衆電話の上にノートパソコン乗せて、ですか」


●マネジャー :
「意外に安定してキーボードをたたけるんだ。8分ほどで提案書の手直しは終
わる」


○部下 :
「課長、データを入れました」


●マネジャー :
「よし」


○部下 :
「そういえば、明日の10時からの代理店説明会の資料、まだできてません」


●マネジャー :
「帰社してからやる」


○部下 :
「それは私がやりますよ」


●マネジャー :
「君は来週の新規事業立ち上げミーティングの準備をKさんとしてくれ。大丈
夫だ。遅くても18時半までには終わる」


○部下 :
「バタバタですね」


●マネジャー :
「バタバタというより、ドタバタだ」


○部下 :
「喜劇みたいな毎日です」


●マネジャー :
「『忙しい』と言っている暇もない」


○部下 :
「嫌いじゃないです。こういう毎日が。なんか充実してます」


●マネジャー :
「忙しさに比例するんだ、"生きてる"っていう実感は」


○部下 :
「へえ。そうなんですか」


●マネジャー :
「わからん」


○部下 :
「わからん、て。課長……」


●マネジャー :
「そんなこと考えてる暇もない。俺は夜7時半までに帰って娘を風呂に入れな
いといけない。それから隣町まで、弁当屋で働いてる妻を迎えに行かなくちゃ
いけない」


○部下 :
「僕は夜8時からフットサルの練習です。コーチがインフルエンザで休みなん
で、小学生たちにコーチできるヤツが他にいないんです」


●マネジャー :
「よし。お互い、6時半までにオフィスを出るよう、全速力で仕事をする
ぞ!」


○部下 :
「はい! なんかわかります。"生きてる実感"って」


----------------------------------------------------------------------

……生活にメリハリをつけるためには、仕事も、プライベートにも、ドンドン
予定を入れていくと「健全な忙しさ」が手に入ります。

「健全な忙しさ」が、妙に"生きてる"という実感を覚えられると私は信じて
います。

共感できない方もいるでしょうが。

----------------------------------------------------------------------

【59点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

忙しいときは、お昼ご飯を食べている暇もないので、朝からそれがわかってい
るときは、"おにぎり"を作り、ラップに包んで鞄に放り込んで家を出るとき
があります。

そういう私の様を見ていた小6の息子が、あるとき

「一所懸命働いてるお父さんがそんだけなのに……。俺は給食でいいもん食っ
てて、いいんだろうか」

と、罪悪感たっぷりな表情でつぶやいているのを耳にしたことがあります。

そういうときは、

「お父さんはたまに、お前らに隠れて外でいいもん食べてるから大丈夫だよ」

と言って、息子の頭をガシガシ撫でてやりました。

忙しさの中で食べる「ラップに包まれたおにぎり」もまた、意外に美味しいの
で、気にはならないのですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕「絶対達成プライム」2月号は「プライムテキスト」に注目!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」の2月号から同梱される「プライムテキスト」のヴィジ
ュアルがホームページに掲載されました。


ぜひご確認ください!


■ 絶対達成プライム会員「2月号」専用ページ (〆切26日)
http://attax-sales.jp/lp/prime/


【テキスト教材】――プライムテキスト


■1.山本なつみのコラム「百期百会(ひゃくごひゃくえ)」
 年間1,000回以上の名刺交換を習慣にする山本の、人見知りしないコツ、
 人間関係を良好にするコツを紹介します。
 ※2月号のテーマは「電話での関係構築」


■2.水田裕木の「リアルトップセールス・インタビューズ」
 一般企業のリアルなトップセールス研究をライフワークにしている水田のイ
 ンタビューレポート。トップセールスたちの意外な素顔、テクニックに迫り
 ます!
 ※2月号でご紹介するのは、あるホテル企業で最優秀社員1名のみに贈られ
 る「セールスパーソンズオブザイヤー」を何度も受賞しているリアルトップ
 セールスです。


■3.水田裕木の「リアルトップセールスの一行語録」
 過去100名以上のトップセールスにインタビューした経験から、トップ
 セールスの名言や名語録を毎月20種類近く紹介します。
 ※2月号では、1月に紹介された17種類の「一行語録」をご紹介します。


■4.横山信弘のコラム「草創花伝(そうそうかでん)」
 年間2,000万アクセスを記録するネットコラムから、選りすぐりの記事
 をピックアップしてお届けします。時事問題の解説もあり、お客様との会話
 のネタに使えます。
 ※2月号のテーマは「集客の2つの「鉄則」――ウェブサイト、ブログ、S
 NS、メルマガ、紹介……どう組み合わせるか?」


【音声教材】――プライムオーディオセミナー

■1.横山信弘の「組織営業力アップ講座」
 絶対達成プライムのメイン教材。
 1.今月のテーマ
 2月号のテーマ「リーダーシップ」
 2.予材管理レクチャー(予材管理の素朴な質問にこたえる)
 2月号のテーマ「行くべき先をどのように見つければいいですか?」
 3.コンサルティングの現場から
 2月号のテーマ「業務効率がまったく進まない会社をどうするのか?」


■2.横山信弘の「主導権を握るコミュニケーション手法『布石管理』講座」
 書籍でもDVDでも紹介したことがない、先手必勝で主導権を握るためのコ
 ミュニケーション技法を、このプライム会員向けだけに披露します。
 ※2月号のテーマは「布石管理の基本」


■3.横山信弘の「プロの人事コンサルに聞いてみた」
 人事・労務のプロ集団、アタックス・ヒューマン・コンサルティングが定期
 開催する「戦略的人事研究会」で話題となる、人事評価、マイナンバー、部
 下育成、採用、パワハラ、モンスター社員……などのネタを横山が解説しま
 す。
 ※2月号のテーマは「マイナンバーの基本と企業リスク」


※なお、バックナンバーとして翌月以降に購入できるのは、「絶対達成プライ
ム」のメイン音声教材である「横山の組織営業力アップ講座」のみです。その
他のコンテンツは、当月のみ入手可能ですので、どうぞよろしくお願いいたし
ます。


■ 絶対達成プライム会員「2月号」専用ページ (〆切26日)
http://attax-sales.jp/lp/prime/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕新刊「成功を習慣化する3つの記憶」書籍キャンペーンスタート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年間100回以上の講演やセミナー、年間2000万PVを超えるコラム、年
間150回以上配信するメルマガ、年間50本以上アップされるYouTube動画
などで、コンサルティング現場で培ったノウハウやテクニックを配信していま
す。

その膨大な情報量の中から、「個人の成功」にフォーカスしたコンテンツのみ
をまず「170種類」ピックアップし、さらに削ぎ落として「30」ほどの重
要コンテンツのみを残して構成したのが本書です。

脳の中の「短期記憶(=ワーキングメモリ)」「長期記憶」と、脳の外にある
「外部記憶」の3つの記憶をどのように活用することで、成功が引き寄せられ
るのか?

心掛けや、精神論ではなく、経営コンサルタントらしくロジカルに「引き寄せ
の法則」を解説しました。

ロジカルとはいえ、文章はいたって情熱的で、まるで横山本人の講演を聴いて
いるかのように、書籍の後半は激しく熱く盛り上がっていきます。

忘れられた熱い記憶を取り戻したい方、ぜひ書籍キャンペーンにご参加くださ
い!

書籍キャンペーンに参加しますと、漏れなく全員に特典音声が届きます。

内容は、『成功を習慣化する「4つ目の記憶」』。

書籍で紹介した「3つの記憶」以外に、もうひとつ重要な「記憶装置」が体の
どこかにあることを解説しています。

セミナーやコラムでも、一度も語ったことのないコンテンツです。

編集者から「これ、無料で出していいのですか?」と問われるほど、大切なコ
ンテンツですので、ぜひ手に入れてくださいね。

書籍のみならず、特典音声でも皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

■「成功を習慣化する3つの記憶」期間限定キャンペーンサイト
http://www.poplar.co.jp/3memories/