2016年6月27日

【チャンスは1日に2回訪れる】メルマガ草創花伝 vol.821

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『チャンスは1日に2回訪れる』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○部下:
「部長の腕時計、止まってませんか?」


●マネジャー:
「お! どうしてわかったんだ?」


○部下:
「わかりますよ。7時の時刻のまま、止まってますよね。いつ見ても7時です
から」


●マネジャー:
「ブレないだろ? もう10年以上も止まったままの腕時計をしてる」


○部下:
「は? 10年以上も?」


●マネジャー:
「俺のブレない性格をあらわしている」


○部下:
「それって、単純に時刻を合わせるのが面倒くさいだけなんじゃ……」


●マネジャー:
「意味があるんだ」


○部下:
「意味?」


●マネジャー:
「止まった時計だからこそ、必ず1日に2回は真実の時刻を指す」


○部下:
「んん? どういうことですか?」


●マネジャー:
「私の腕時計はいつも『7時』を指している。だから朝と夜の7時になると、
この腕時計が真実を表現することになる」


○部下:
「……すごい、発想ですね」


●マネジャー:
「不安に駆られて時刻を修正すると、7時になっても、時計が7時を表現しな
いため、いつまで経っても真実を掴むチャンスを逃す」


○部下:
「……まァ、はあ……」


●マネジャー:
「だから私は止まった腕時計をしてるんだ」


○部下:
「屁理屈にしか聞こえません。ちゃんと正確な時刻を教えてくれる腕時計にす
ればいいじゃないですか。そうすれば、常に真実の時刻を表現してくれます
よ」


●マネジャー:
「毎秒、毎秒、チャンスだと思えば、チャンスがチャンスでなくなる」


○部下:
「え……」


●マネジャー:
「感度が鈍くなるだろう。だって、腕時計を見ればいつだって真実だ。毎秒、
毎分、毎時間チャンスに恵まれることになる。いずれ腕時計を見なくなる」


○部下:
「……あ、頭が混乱してきましたが」


●マネジャー:
「しかし、私の腕時計のように『7時』しか表現しないのであれば、常に私は
『7時』を意識するようになる」


○部下:
「『7時』を意識するようになる……」


●マネジャー:
「1日に2回、チャンスが訪れると思えるんだ。だから毎日、必ず私は『7
時』を意識する。7時が来たら、『ああ、私の時計が真実を伝えてくれる』と
感慨深い気持ちになる」


○部下:
「て、哲学的ですね」


●マネジャー:
「いつもブレていたら、チャンスは訪れない。忍耐強く、待っていたら、必ず
1日に2回はチャンスが訪れる。私はいつも、そう思っている」


○部下:
「なんか、わかったような、わからないような……感じですが、要するに『ブ
レるな』ということですね」


●マネジャー:
「そんな誰もがわかってるような教訓を言いたいわけじゃない。本当にブレな
いためには、これぐらい奇妙なことを、10年以上やってみせないとダメだ、
ということだ」


○部下:
「な、なるほど……。わかりました。ところで部長、いつも時計を『7時』に
しているのは、どんな意味があるんですか?」


●マネジャー:
「『7』という数字が好きだからだ。それだけだ」


○部下:
「部長って、底知れない人なのか、底が浅い人なのか、よくわかりませんね」


----------------------------------------------------------------------

……「ブレない」と、よく言いますが、本当にブレない人というのは、ちょっ
と変人じみたところがあるものです。

誰もがやっていることを常識的にやっている人では、「ブレない信念を持つ」
ことは難しいでしょう。

ブレないためには、理不尽さ、奇妙さ、不可思議さが必要なのです。

----------------------------------------------------------------------

【42点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、付き合う相手を選びたいな、という気持ちが強くなっています。

まず、自己投資をしない人とは、ビジネス的な付き合いを除いて、距離を置き
たいと思ってます。

その目安は「年間100万円」。

私のような経営者でなくても、20代前半の若い会社員、OLの方でも自分の
ために「100万円」ぐらい投資している人はゴロゴロいます。

自己投資のために、地方から東京まで講座を受講しにくる。見聞を広めるため
に海外へ短期留学する。月に20冊は本を読む……。

そういう人が集まるコミュニティに顔を出していると、自分の中にある「あた
りまえのレベル」が上がっていって、苦も無く自己啓発に励むことができます。

自分の中にある「常識観」は、周囲の人たちの無意識な言動によって形成され
ています。

付き合う相手を変えない限り、自分の殻を破ることはできませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕【あと3日!】6月30日(木)でキャンペーン終了!
    横山信弘の組織営業力アップDVD vol.7
   「大量行動に頼らず予材を増やす予材マーケティング」編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほとんどの会社で実施されているプロモーション活動は、正しい「仮説」
なく実施されています。

しかもすべて「点」で見られているため、極めて非効率的。

チラシもホームページも電話もメールもネット広告も……もすべて相互連携で
きます。

「点」でもなく、「線」でもなく、「面」で繋がっているのです。

この導線設計をキチッとすることで「予材」は膨大に膨れ上がっていくことで
しょう。

約3年ぶりの「組織営業力アップDVD」の新作です。

6月30日まで、キャンペーンを実施します。ご興味がある方は、ぜひこの機
会にお申し込みください!


■ 横山信弘の組織営業力アップDVD vol.7
「大量行動に頼らず予材を増やす予材マーケティング」編
http://attax-sales.jp/lp/vol7/


IT企業や、印刷会社、広告代理店、税理士、ビジネスコーチ、セラピストな
どの個人事業主の方々に、特に売れています!