2016年8月8日

【イチロー3000本達成のニュースは、なぜ大きく取り上げられるのか?】メルマガ草創花伝 vol.832

本日のメインテーマは、『イチロー3000本達成のニュースは、なぜ大きく
取り上げられるのか?』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------

●師範:
「イチロー選手が、3000本安打を達成したそうだ。知ってたか?」


○門下生:
「え? まだあと1本足りないんじゃ……」


●師範:
「今朝のロッキーズ戦でスリーベースヒットを放って達成した。ついさっき
だ」


○門下生:
「へええ」


●師範:
「……」


○門下生:
「……」


●師範:
「……それだけか?」


○門下生:
「はい?」


●師範:
「『へええ』だけか、と聞いてるんだ私は」


○門下生:
「し、師範、どうして怒りはじめたんですか」


●師範:
「もっとすごいリアクションをしなよ。君は日本人だろう」


○門下生:
「師範、さすがに私も言わせてもらいますが、今はイチロー選手よりもリオ・
オリンピックです。萩野公介選手が金メダルをとりました。こっちのほうがス
ゴイです」


●師範:
「もちろん萩野選手もすごいし、他に銅メダルをとった選手もすごい」


○門下生:
「メダルをとらなかった選手でも、オリンピックに出場しただけでもスゴイ話
です」


●師範:
「オリンピックに出られなかった人でも、スゴイ選手はたくさんいる」


○門下生:
「そうですそうです」


●師範:
「しかし、それだと、スゴイ選手ばかりになってしまう」


○門下生:
「ま、そりゃあ、そうですが……。でも、イチロー選手は騒がれ過ぎですよ。
偉業かもしれませんが、ニュースが偏りすぎです」


●師範:
「そうかな、でもニュースもビジネスだから、みんなが知りたい情報を報道す
るものだ」


○門下生:
「何がそんなにスゴイのか、私にはイマイチよくわかりません」


●師範:
「日本のプロ野球で1000本以上ヒットを打った選手は、約280人いる。
イチロー選手は26歳までに、1277本打っている」


○門下生:
「へええ……」


●師範:
「27歳になってからメジャーリーグの選手となり、今日までに3000本打
っている。150年の歴史があるメジャーリーグにおいて、過去30人しか成
し遂げていない」


○門下生:
「お……」


●師範:
「繰り返すが、27歳になってから、小さな体の日本人がメジャーリーグプレ
イヤーになって3000本を打ってるんだよ」


○門下生:
「……」


●師範:
「通算、4277本のヒットを打ってる。非公式だが、もちろん世界の歴史上、
もっともヒットを打っている選手だ」


○門下生:
「……」


●師範:
「現在の選手で世界一ではないんだよ。歴史上1位なんだ。しかも現役。球速
170キロを超えるピッチャーもいるようなリーグで、ヒットを量産し続けて
る」


○門下生:
「……」


●師範:
「現在42歳。今年になって、また打ちだした。それが日本人だ。ちょっとス
ゴイと思えてきただろう?」


○門下生:
「言葉を失いました」


●師範:
「物事のスゴさをどう表現するのか、を勉強したまえ。数字のとらえ方として、
何と比較するのか。どのような時間軸で比較するのか」


○門下生:
「なるほど……」


●師範:
「金メダルをとった荻野選手もスゴイ。しかし金メダルをとった、というだけ
の表現だと弱い。そのスゴさを数字で表現できるようにならないと」


○門下生:
「表現力を磨かないといけませんね」


●師範:
「君は営業なんだろう? 扱っている商品を、どれも素晴らしい、どれも素敵
だ、どれもお客様の役に立つと言っていても、相手にうまく伝わらない」


○門下生:
「かしこまりました。もっと客観性をもった表現力を身に付けます」


----------------------------------------------------------------------

……今日は、他のメルマガを準備していたのですが、急きょイチロー選手のニ
ュースが飛び込んできたので、書き換えました。

イチロー選手の地元、愛知県豊山町は私の家に近く、勝手に「親近感」を覚え
ています。

「親近感」というのは大事ですね。

差別化表現をするなら、客観的な表現力を身につけましょう。


【無料】絶対達成プライムセミナー 「差別化戦略とブランディング」
【8/19】http://attax-sales.jp/seminar/open/1950/

----------------------------------------------------------------------

【15点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年1月からスタートした講座が、先週土曜日で終わりました。週末や平日の
夜に東京へ通い続けました。

素晴らしい仲間たちと過ごした日々は、一生の宝物になりました。

これだけ同じゴールを目指して日々奮闘したのは、「青年海外協力隊」の訓練
生活のとき以来と思います。

この約7ヵ月間で、本気の人と、本気でない人との区別の仕方が、すごくよく
理解できるようになりました。

ゴールに到達するから幸せなのではない、本気で頑張らないと到達できない
ゴールに向かって日々研鑽しているからこそ幸せになれるのだと、多くの仲間
たちが教えてくださったからです。

本気度の高い人と一緒に過ごす日々は、代えがたい幸福感をもたらせてくれま
す。

家族をはじめ、多くの人に感謝したい気持ちになっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━