2016年8月16日

【信用をなくす「スパークリング思考」とは?】メルマガ草創花伝 vol.834

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『信用をなくす「スパークリング思考」とは?』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------

○門下生:
「師範、質問があります」


●師範:
「どうした?」


○門下生:
「私の上司が、妙なことを言いだしたんです」


●師範:
「どんなことを?」


○門下生:
「夏休みは満喫したか、と言われたので『はい!』と明るく返事しました」


●師範:
「なるほど」


○門下生:
「そうしたら、その上司はムッとして『よく満喫してられるな』などと言って
くるのです。メチャクチャいやみったらしいでしょう?」


●師範:
「うーん、確かにいやみったらしい気もするが。どんな風に満喫したんだ」


○門下生:
「4歳の子と、1歳の子を連れて、私の実家がある名古屋、妻の実家がある神
戸へ行ってきました」


●師範:
「なるほど。普通だな」


○門下生:
「はい。海水浴へ1日行きました。私は高校時代の同窓会に出席。妻は友人た
ちとショッピングなどを楽しみ、代わる代わる子どもたちの面倒を見ました」


●師範:
「なるほど」


○門下生:
「それぞれ両家の親族への挨拶まわり。お墓参りも行きました」


●師範:
「それから?」


○門下生:
「私の両親に2人の子どもをあずけて、5年ぶりに妻と二人で映画を観にいき
ました。『シン・ゴジラ』です」


●師範:
「ほう、評判がいい映画だよね」


○門下生:
「はい。師範も観たほうがいいですよ。ラストシーンが、すごく心に残ってい
ます」


●師範:
「それで?」


○門下生:
「夏休み最後の1日は、家でのんびりしました。お土産をご近所さんに配った
り、買い物へ行ったり。オリンピック観戦したり」


●師範:
「ふーん」


○門下生:
「ごく普通のサラリーマンの、夏休みの過ごし方だと思います」


●師範:
「そうだな」


○門下生:
「そうですよ。身分不相応な豪遊なんてしてません。なのに私の上司はムッと
するのです。おそらく自分が夏休みを満喫できなかったので、ひがんでるんだ
と思います」


●師範:
「そうかなァ」


○門下生:
「そうですよ!」


●師範:
「どうして『満喫してる』なんて言ったんだ」


○門下生:
「えっ……」


●師範:
「それを言ってはダメだろう」


○門下生:
「な、なんでですか……」


●師範:
「話は変わるけど、君は以前、会社を辞めるとかなんとか言ってたな」


○門下生:
「あ、はい。4月ごろだったと思います」


●師範:
「しかし、止められた」


○門下生:
「ええ……。私がインターネットビジネスを手掛けたい。起業をしたいので、
いったんネット系の会社に転職するつもりでした」


●師範:
「しかし、いま勤めている会社はオフィス家具を扱う卸業者だ。君はそのビジ
ネスにまったく精通していない」


○門下生:
「ですから、いきなり起業するのではなく、いったんネット系の会社に転職し
ようと思ったんです。その会社で力をつけて2年近くで起業するつもりでし
た」


●師範:
「そのネット系の会社の社長も理解をしてくれてたんだよな」


○門下生:
「その通りです」


●師範:
「しかし、上司が猛反対した」


○門下生:
「あきれましたよ。あんな頭ごなしに私の考えを否定するなんて」


●師範:
「今の会社に入ってまだ2年。それだけ情熱があるんだったら、今の会社にい
ながらも力をつけることはできる。勉強できることはたくさんあるはずだ、と
言われた」


○門下生:
「まァ、確かにそうですが……。なんかしっくりきませんでした」


●師範:
「実際は退職せず、いまの会社にとどまっている」


○門下生:
「そりゃあ、あれだけ会社に止められたら……。でも、今も私はインターネッ
トビジネスで起業したいと考えています。この情熱は変わりません」


●師範:
「……」


○門下生:
「……」


●師範:
「……」


○門下生:
「あ、あの、何か?」


●師範:
「いや、君ってバカバカしいなと思って」


○門下生:
「ええっ! バカバカしい? バカバカしいって何ですか? どうせ言うなら
『バカ』と言ってください。君はバカだと。バカバカしいって……」


●師範:
「ごめんごめん。ついつい言ってしまった。あんまりバカバカしいから」


○門下生:
「ええ……」


●師範:
「君はまるでソーダとかサイダーとか、炭酸水みたいなものだな。発泡してい
るのは最初だけ。しばらくすると、単なる"甘くてぬるい水"になり下がって
いる」


○門下生:
「……」


●師範:
「君の情熱ってなんだ? 普通のサラリーマンが過ごすような夏休みを送って
いていいのか? そんな泡みたいな情熱を見せられて、私はバカバカしいと言
ったんだ」


----------------------------------------------------------------------

……一時期だけテンションを上げ、その後しばらくして、何事もなかったよう
に元通りになる人の思考を、私は「炭酸思考」とか「スパークリング思考」と
名付けています。

「表面的にモチベーションが高い人」を見ぬく力が、私にはあります。これま
で、さんざん期待を裏切られてきた過去があるからです。


■最初だけ調子が良い「スパークリング思考」の人は、成功しそうで成功しな

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20160816-00061174/

----------------------------------------------------------------------

【34点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月の「絶対達成プライムセミナー」は、今週金曜日(8月19日)です。

今回も100名以上の申込みがあります。ありがとうございます!

さて、次回(10月14日を予定)のプライムセミナーは、今日の午後、自分
のオフィスで撮影いたします。

テーマは、「ふだん使いのロジカルシンキング」。

このネーミングは、ベストセラーとなった「ふだん使いのマインドマップ」か
らとりました。

経営やマーケティング戦略を立案するとき、企業の重要な問題解決に使うロジ
カルシンキングではなく、もっと敷居を下げて、普段の悩みを解決するための
論理的思考力を身に付ける「10種類のノウハウ」を紹介します。

ちなみに「ふだん使いのマインドマップ」の著者、矢嶋美由希さんは私の大切
な友人です。「絶対達成社長の会」にも、毎回参加されています。

「実践! ふだん使いのマインドマップ」では、私がロディアを駆使して表現し
たマインドマップも複数のページで紹介されているので、ご紹介いたします。

マインドマップにご興味がある人はぜひ!

■ 実践! ふだん使いのマインドマップ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484152207/mysterycon0c-22/ref=nosim