2016年9月26日

【トヨタに学ぶ「時間術」】メルマガ草創花伝 vol.846

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『トヨタに学ぶ「時間術」』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、質問があります」


●師範:
「どうした」


○門下生:
「上司から残業を減らせと言われているのですが、どのようにしたらいいかわ
かりません。そこで、師範はスキマの時間をどのように活用しているか教えて
ください」


●師範:
「スキマの時間か。ボーッとスマホを見てるかな」


○門下生:
「え、ボーッとスマホを見てるんですか」


●師範:
「そう」


○門下生:
「それはどんな意味があるんですか」


●師範:
「意味? そんなのない。超ムダな時間だ」


○門下生:
「……」


●師範:
「どうした」


○門下生:
「いや、師範なら時間の使い方もスゴイかなと思っていたので」


●師範:
「私はスゴくないが、スゴイ人なら知っている。1秒のムダを削ることの積み
重ねが大きな成果につながると言っている人だ」


○門下生:
「1秒の積み重ね……。そんなスゴイ人になってみたいです」


●師範:
「トヨタの教えを時間術に応用している人だ。」


○門下生:
「トヨタ……。なんか確かにスゴそうですね」


●師範:
「大切なことはスピードだ」


○門下生:
「スピード。やはり」


●師範:
「スキマの時間があったときに、どんなことをするのか、あらかじめ決めてお
く。リストアップしておく」


○門下生:
「なるほど」


●師範:
「5分以内に何をするか、10分程度なら何をするか……と決めておくんだ」


○門下生:
「わかりました。5分なら……。10分なら……。メモをします」


●師範:
「そしてスキマ時間にできる作業は3種類。『残務処理』『次の仕事を生み出
す仕事』『未来につながる仕事』――」


○門下生:
「ちょ、ちょっと待ってください。メモします。次の仕事を生み出すっていう
のと……未来につながる仕事っていうのの違いは何ですか?」


●師範:
「言葉どおりだろう。次にやる仕事の手掛かりを作っておくこと。そして未来
の自分への投資につながる作業だ」


○門下生:
「うーん……。次、と未来、という言葉がわかりづらいですが」


●師範:
「いちいち言葉に気を取られてはダメだ」


○門下生:
「え」


●師範:
「そのスゴイ人は、『安心して仕事を任せられる部下は、正確性を重視する人
ではなく、速く動く人である』と言っている」


○門下生:
「小さなことにこだわるな、ということですか」


●師範:
「言葉のひとつひとつにこだわっていないで、まずはスピード。やってみなく
ちゃわからない」


○門下生:
「確かに……。私は正確性にこだわりすぎているかもしれません」


●師範:
「25%ルールを適用しろ」


○門下生:
「25%ルール!?」


●師範:
「決められた納期の25%を縮める考え方だ。20日後なら15日後、など」


○門下生:
「へえ」


●師範:
「こういうクセをつけると、完璧にやろうとせず、まずはスピードを重視しよ
うという気持ちになる」


○門下生:
「わかりました。やってみます」


----------------------------------------------------------------------

……私はよく講演で「達成主義者になれ、完璧主義者になるな」と言います。

今回ご紹介する書籍には、「生産性が低く、残業ばかりしている人というのは
完璧主義の人が多い」というくだりがあり、まさにそうだよなと思いました。

小手先のテクニックから、時短を加速する「カイゼンマインド」、仕事を劇的
に速くするトヨタの5つの名言、圧倒的な時短を実現するトヨタの問題解決、
チーム全体の生産性を上げるトヨタの仕組み……など。

トヨタの時短術がてんこ盛り。これはおススメの一冊です!


■ トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272023/mysterycon0c-22/ref=nosim

----------------------------------------------------------------------

【4点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月は、私にとって記念すべきことがいろいろありました。

特に「思いがけずよかったこと」は、『絶対達成ランニングクラブ』を立ち上
げ、これが超短期間でとんでもなく盛り上がるクラブに育ったことです。

絶対達成社長の会の「マラソン部」が母体となっていますが、この絶対達成R
Cにだけ参加する人も増えています。

すでに会員は60名を超えました。

ウォーキングしかしない超初心者から、ウルトラマラソンやトライアスロンま
で挑戦するつわものまで、バラエティに富んだ人たちが会員となっています。

クラブの行動規範として「ギブアンドギブの精神」を掲げました。

自分さえ健康になればいい、自分さえタイムが速くなればいい、という人はお
断りしていますから、誰かがトレーニング報告をしたら、多くの人から「ナイ
スラン!」「ナイスウォーキン!」と声をかけられます。

利他の心を持った人が集まるからこそ、SNSでやり取りしているだけでも、
素晴らしい空気をつくることができますね。

過去の膨大な失敗体験があるからこそ、最近はコミュニティのつくり方がわか
ってきた気がします。