2016年10月24日

【成功の「恐怖」を正しく知る】メルマガ草創花伝 vol.854

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『成功の「恐怖」を正しく知る』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、なんだか怖いんです」


●師範:
「怖くなってきたか」


○門下生:
「たまに、夜中に怖くなって目を覚ますこともあります」


●師範:
「私もデヴィッド・リンチが監督した『マルホランド・ドライブ』を観たとき
は、夢にまで劇中のシーンが出てきた」


○門下生:
「……」


●師範:
「デヴィッド・リンチの頭の中を覗いてみたいと思ったよ。どうしたら、あん
な意味不明で、無秩序な映画を撮ることができるんだろうって」


○門下生:
「そ、そうですか」


●師範:
「そういう視点からすると、君は世の中のダークサイドを目にしたわけではな
い。どちらかというと、反対のほう」


○門下生:
「ブライトサイドを観ている、ということですか」


●師範:
「光が眩しいんだよ。これまで目にしたことのないような光源が近づいてきた
から、君は目を細める」


○門下生:
「入社して12年。今の会社で一度も目標を達成できなかった私が、今期に入
ってからずっと絶好調です」


●師範:
「恐ろしいか」


○門下生:
「はい。4月から9月まで、6ヶ月間連続目標達成できています」


●師範:
「10月は?」


○門下生:
「今月もすでに達成見込みです。109%はいくと思います」


●師範:
「このペースでいけば年内で、来年3月末を待たずに今期の目標は達成するだ
ろう」


○門下生:
「恐ろしいです」


●師範:
「怖いか」


○門下生:
「今の現実は夢じゃないだろうかって、思うことがあります」


●師範:
「お客様との接触回数を、とにかく増やし続けたことがよかっただろう?」


○門下生:
「はい。1年半、結果が出ませんでしたが、とにかく問屋まわりだけでなく、
当社の商品が並べられている小売店にも足を運びました」


●師範:
「社内ではほとんど応援されなかった」


○門下生:
「はい。誰も私のやっていることを理解してもらえなかったと思います。師範
だけです。決して途中で諦めるな、と言い続けてくれたのは」


●師範:
「種をまき、水をやり続けた。そしてようやく、ぽつぽつと今年になって花が
咲いてきた。そういうことだな」


○門下生:
「そうです。私の周囲は満開のお花畑です」


●師範:
「怖くなっても手を緩めるな」


○門下生:
「は、はい」


●師範:
「私は最近、走っている」


○門下生:
「ランニングですか?」


●師範:
「そう。体は慣れてきたんだが、スピードが出ると怖くなってくる」


○門下生:
「へええ」


●師範:
「だからスピードを緩めるんだよ。無意識のうちに」


○門下生:
「なんかわかる気がします。息が上がっているわけでもないのに、怖いんです
よね?」


●師範:
「そうなんだ。体のどこも痛くないのに、慣れないペースにまでスピードアッ
プすると、無性に怖くなるんだ。こんなスピードで自分は走れるはずがないっ
て」


○門下生:
「思い込みですよね」


●師範:
「そうだ。でも、スピードを緩めずに走っていると、だんだんそのスピードに
馴れてくる」


○門下生:
「免許取り立ての人が高速道路に乗ったときと同じ感覚ですね」


●師範:
「そうそう。それでスピードを緩めると危ない」


○門下生:
「わかりました。さらにスピードアップしてやっていきます」


●師範:
「今の成功に馴れろ。手を緩めると、また以前と同じように『目標未達成があ
たりまえ』の自分に戻ってしまう」


----------------------------------------------------------------------

……うまくいっていない人がうまくいきはじめると、無意識のうちに手を緩め、

元の状態に戻ろうとします。うまくいっていない以前の自分が「本当の自分」
だと思い込んでいるせいです。

コンサルティング先でよく起こる現象です。私たちコンサルタントは、そうい
うときこそ、「さらにいきましょう」「あなたたちのポテンシャルはこんなも
のじゃない」と叱咤激励します。

うまくいきはじめたら、そのときはさらに意識を高めて、自分の中にある「あ
たりまえのレベル」を高める努力をしましょう。

----------------------------------------------------------------------

【15点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、私がちょっと怖いなと受け止めているのが「絶対達成ランニングクラ
ブ」の成功です。

9月に絶対達成社長の会のマラソン部から改名してから急速に会員が増え、す
でに70名を突破。しかもそのうち47名がアクティブ会員です。

週に1回以上トレーニングし、実践報告しているのがアクティブ会員ですが、
そのうち25名以上が、毎日書き込みをしています。

オリジナルウェアも完成し、主要マラソン大会で「絶対達成」を背負って走る
ランナーが存在感を示す日も近いことでしょう。

私はたいしたトレーニングをしていませんが、会員の皆さんが心身ともに健康
になり、この経験が自分の殻を破るきっかけとなり、ビジネスでも結果を出せ
るようになる、そういう「場」を提供し続けられたらと思っています。