2017年2月27日

【ひとりで「PDCA」を回すノート術】メルマガ草創花伝 vol.890

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『ひとりで「PDCA」を回すノート術』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「私の上司があの調子では、いっこうに目標が達成しません。すごく無力感を
覚えます」


●師範:
「またか」


○門下生:
「師範、聞いてください」


●師範:
「君は会うたびに上司や組織の悪口を言っている」


○門下生:
「悪口のつもりはありません」


●師範:
「真実は相手がどう感じたか、だ。君がどういう気持ちで言っているかなど、
関係がない」


○門下生:
「う……」


●師範:
「上司がどうの、組織がどうの、ではなく、まず自分ができることからやりた
まえ」


○門下生:
「私にはそんな力がありません。スキルも十分ではないですし、何をやろうと
しても上司や先輩に止められたら、何もできません」


●師範:
「正しい解決策を導くには、問題の在り処を正しくとらえることだ。君が抱え
る問題点は、スキルが足りないことじゃない」


○門下生:
「じゃあ、何ですか」


●師範:
「結局は、PDCAサイクルが回ってないことだ」


○門下生:
「PDCAサイクルを回すにはマネジャーの力が必要です」


●師範:
「その発想がダメなんだ。PDCAサイクルは一人でも回せる」


○門下生:
「え」


●師範:
「そりゃそうだろう。仕事をするうえで、PDCAサイクルはひとつじゃない
目標達成のためのPDCA。プロジェクトののためのPDCA。商談のための
PDCA。交渉のためのPDCA……。大きなものから小さなものまで、様々なPDCAがある」


○門下生:
「様々なPDCA……ですか」


●師範:
「プラン・ドゥ・チェック・アクション……。誰でも知ってるPDCAだが、
意外にできていない」


○門下生:
「誰でも知ってることでなのにできていないことを、いかにやるか、ですね」


●師範:
「その通り。上司や組織のことを言う前に、自分で正しいセルフマネジメント
をできるようにしなさい」


○門下生:
「なんかいい方法はありませんか」


●師範:
「仕組みを使って視覚化すれば習慣化しやすい」


○門下生:
「どんな仕組みがいいですか?」


●師範:
「ノート一冊でできる」


○門下生:
「ノート一冊でPDCA?」


●師範:
「横向きの方眼ノートに、水平線、垂直線、そしてテーマを書きいれ、『P』
『D』『C』『A』の順に記述していくだけだ」


○門下生:
「それ、すごくいいですね」


●師範:
「マネジメントは複雑であってはならない。特にセルフマネジメントは、シン
プルでないとうまく回らない」


○門下生:
「PDCAサイクルって、すごい管理資料がないとできないと思い込んでまし
た」


●師範:
「発想の逆転で、思考をシンプルにしろ。マネジメントもミニマリストの時代
だ」


----------------------------------------------------------------------

……驚いたことに「PDCA」が、昨今の流行ビジネスキーワードとなってい
ますね。

ベストセラー「鬼速PDCA」が火をつけたことは間違いないでしょう。この
功績は大きいですね。

今回紹介する書籍「PDCAノート」は、ノート一冊でPDCAサイクルを回
すやり方を解説しています。

「鬼速PDCA」よりも内容は平易で、かつひとりですぐに始められること。
そして何より「ノート」という具体的で、誰でも手に入れられる「モノ」で実
現できるハードルの低さがいいです。


■「自分を劇的に成長させる! PDCAノート」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489451740X/mysterycon0c-22/ref=nosim

----------------------------------------------------------------------

【11点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のコラムでも書きましたが、マネジメントはシンプルでなければなりませ
ん。

大人数集まったほうがうまくマネジメントできるかというと、決してそうでは
ないでしょう。

ひとりで、シンプルにまずマネジメントサイクルをまわすことができるのか?

それができないのに、組織マネジメントをまわすことなどできません。そうい
う意味でも、今回紹介した書籍「PDCAノート」は参考になると思います。

■ AIによって働き方改革は実現するのか? マイクロソフトとソフトバン
クの取組みを検証する
https://news.yahoo.co.jp/byline/yokoyamanobuhiro/20170227-00068116/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━