2017年3月4日

この本は新しい! 「うつヌケ」というベストセラー

おはようございます。「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


3月に入りましたので、心の調子を崩している人が急増していると思います。


これは感覚的なことではなく、
心療内科やメンタルクリニックへ足を運ぶ人たちの数を
統計的に見ればわかります。


毎年のことです。


いま、出版界史上初の「うつ経験者レポートマンガ」が
異例のベストセラーとなっています。


■「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041037085/mysterycon0c-22/ref=nosim


私もさっそく読みました。


あまり集中力がない人でも読めて、理解できるように、
スイスイ読める、平易なマンガになっています。


気圧や気温が変化することで、うつが重くなる「突然リターン」や、


病院の先生を信用できずに、
クリニックをころころ変える「ドクターショッピング」のネタは、


うつ患者の間では「あるある」ネタのようです。


当然デリケートな内容なので、この手の本は賛否両論になるのでしょうが、


それでも、この本を読んで、
うつとの付き合い方を改善できるようになる人は膨大にいるだろうと思い、
紹介します。


私は、"思考のクセが歪んでいる人"のほうが、うつになりやすい
と書かれてあった箇所が一番インパクトがありました。


やはり素直が一番。


思考にバイアスがかかっている人は
「インパクト×回数」でメンテナンスしていくべきですよね。


私は先月、100キロランニング&ウォーキングを達成しました。
28ヶ月連続です。


それに加えて、3000回の腹筋目標も達成。


3~4月に調子を崩していく人が多くなるでしょうから、
私のように心も体も状態が良い人は、よりいっそう頑張らなければと思います。


頑張ろうと思っても、
頑張ることができない人は世の中にたくさんいるのですから。



以上