2017年3月9日

【死ぬ気はなくても「死ぬ気」でやる技術】メルマガ草創花伝 vol.893

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『死ぬ気はなくても「死ぬ気」でやる技術』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、聞いてください」


●師範:
「君の話なら、なんでも聞く」


○門下生:
「また、うちの部下が変なことを言いだしました」


●師範:
「どういう?」


○門下生:
「『死ぬ気でやります』と」


●師範:
「いいじゃないか。死ぬ気でやってくれるなら」


○門下生:
「『死ぬ気』って、物騒ですよね」


●師範:
「不謹慎だとも言われかねない」


○門下生:
「たとえば、今期は結果を出せよと言うと……」


●師範:
「死ぬ気でやります、か」


○門下生:
「ええ。一字一句、同じです」


●師範:
「『死ぬ気』と『やる気』と似てるな」


○門下生:
「『死ぬ気でやる気をアップします』とか」


●師範:
「『死ぬ気で本気だします』とか」


○門下生:
「『死ぬ気で全力だします』でもいいですね」


●師範:
「やはり『死ぬ気』が最上級かな」


○門下生:
「『全力』『本気』『必死』『フルパワー』『がむしゃら』『熱心』
『一所懸命』『死にもの狂い』……」


●師範:
「お! 『死にもの狂い』って『死ぬ気』よりもレベル高そうだ」


○門下生:
「『命がけ』もそうじゃないですか」


●師範:
「『百万馬力』っていうのはどうだ?」


○門下生:
「『死ぬ気』と『百万馬力』だったら、『百万馬力』のほうが凄そうです」


●師範:
「人間が『死ぬ気』になっても、『百万の馬の力』には勝てん」


○門下生:
「なるほど。では、『百万馬力』が最上級ですね」


●師範:
「『百万馬力で死ぬ気になります』と部下から言われたらどうだ」


○門下生:
「けっこう胸にきます。応援したくなりますね」


●師範:
「『百万馬力の命がけで今期は結果を出します』でもいいな」


○門下生:
「今日は絶好調ですね、師範」


●師範:
「やる前に、どんな心掛けを言われたって困る」


○門下生:
「どういうことですか?」


●師範:
「重要なことは、結果を出したあとに振り返り、どういう感想を持つかだ」


○門下生:
「過去を振り返ったときですか」


●師範:
「結果を出したあと、『あのときは死にもの狂いでした』
『そりゃあもう命がけでしたよ』『がむしゃらにやるしかなかったです』」


○門下生:
「過去を振り返るときに、使うフレーズってこどですね」


●師範:
「そうだ」


○門下生:
「じゃあ、正しい使い方はどういう感じになるのですか?」


●師範:
「『死ぬ気でやります』じゃなく、『死ぬ気でやりました』だ」


○門下生:
「激しく同意します」


----------------------------------------------------------------------

……私は冷静な頭脳と暖かい心情、
いわゆる「クールヘッド&ウォームハート」の姿勢です。

モチベーションとかやる気とか、どうでもいいからやれよ、やるだけだろ。

というスタンスです。

今月の絶対達成プライムで紹介した書籍は、
あの名言「死ぬ気でやれよ、死なないから」の、杉村太郎氏の傑作。

クールだけど熱い。小さい本なので、いつも持ち歩いていたい。

■『アツイコトバ』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806144517/mysterycon0c-22/ref=nosim


----------------------------------------------------------------------

【72点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社アタックス・セールス・アソシエイツは、10人足らずの会社ですが、
複数のコンサルティング会社から支援をしてもらっています。

WEBコンサルティングもその一つ。

先日、その会社と打合せをしていた際、ようやくわかったことがあります。

レクチャーを受け、実践し、
私たちなりに創意工夫を繰り返してきたつもりなのに、
ようやく8ヶ月目にして理解できたのです。

「そうか。あ、そういうことか」

気付いてみれば大した話ではありませんが、気付くまでは試行錯誤の連続。

WEBコンサルティング会社の社長からは、

「そんなものですよ」

と言われました。

「コツがわかった以上、これから成果が出そうですね」

とも。

そうなのです。

レクチャーを受けただけでは「わかった気になる」だけ。

手を動かし、頭をひねり続けないと、

「なんだ、そういうことか」という事柄に出会うことはないのです。

私たちの「予材管理」の理論も同じですね。

レクチャーを受けただけで「わかりました」と言う人には、

「本当はわかってないだろうな」

と私は思ってしまいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕絶対達成プライム3月号は「言うことを聞かない人を説得する技術」。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……最高にアツイあの本!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」3月号は、
「言うことを聞かない人を説得する技術」がメインテーマ。

言うことを聞かない人とは、部下だけでなく、
お客様、また自分自身の時もあります。

人を説得したいときの、二つのうまくいかない方法、
そして3つのタイプに分けた実践的なテクニックをご紹介します。

詳しくは今月のプライムオーディオセミナーで!


■ 絶対達成プライム会員「3月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている「横山
信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■『アツイコトバ』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806144517/mysterycon0c-22/ref=nosim

です。

若くして亡くなられた杉村太郎氏の魂が、凝縮された一冊。