2017年4月3日

【2種類の「知識」を理解する】メルマガ草創花伝 vol.900

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは、『2種類の「知識」を理解する』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、今年の新入社員、4名が入りました」


●師範:
「いいことだ。雇いたくても雇えない会社のほうが多いんだから」


○門下生:
「しかし去年入社した6名の社員がまだ戦力になっていません」


●師範:
「どれぐらいの期間で、どれぐらいの戦力になってほしかったんだ?」


○門下生:
「当社の基準では、1年で『1000万』の売上です」


●師範:
「それが君の会社の【あたりまえの基準】か?」


○門下生:
「これが、当社のあたりまえの基準です。
2年目以降は2000万とか、3000万はやってもらいますから」


●師範:
「それで?」


○門下生:
「去年入社した6人のうち、
初年度で1000万の目標を達成したのは1人だけです」


●師範:
「具体的には?」


○門下生:
「700万程度が3人。500万にも届かなかったのが2人です」


●師範:
「それで今年は4人に減らしたのか」


○門下生:
「社長がカンカンに怒ったものですから」


●師範:
「その判断は絶対におかしい」


○門下生:
「どうしてですか?」


●師範:
「どこに問題があるのかわかってるのか?
問題の箇所を間違えると、解決策も間違える」


○門下生:
「……ええっと」


●師範:
「問題の箇所は2つしかない。採用プロセスか、育成プロセスか。
新入社員の責任にするだなんて、ヒドイ」


○門下生:
「採用プロセスに問題はないと思っています。
入社した8人全員素晴らしい逸材でした。社長も絶賛していましたから」


●師範:
「ちょっと待て」


○門下生:
「え」


●師範:
「去年の新入社員は6人じゃなかったのか」


○門下生:
「8人です。途中で2人辞めてしまったのです」


●師範:
「なんてこった」


○門下生:
「ですから今年は半分の4人に絞ったんです」


●師範:
「入社してからの育成プロセスに問題があるんだ。明らかだ」


○門下生:
「去年6人の課長のうち、4人が交代したんです。
新任課長だから、不慣れだったんだと思います」


●師範:
「そんなこと新入社員には関係がない!
新任課長たちのせいで、新人たちの仕事人生が左右されてしまうんだぞ」


○門下生:
「そ、そうですね。
しかし、それなら新入社員たちの前に、課長たちへの教育が必要です」


●師範:
「あたりまえだろう!
教育を受けていない管理者が人の上に立っていいのか?」


○門下生:
「そりゃあ……」


●師範:
「知識というのは、『手続き的知識』と『宣言的知識』の2種類がある。
言語化できる知識を宣言的知識と言い、
言語化できないようなものを手続き的知識と言う」


○門下生:
「暗黙知と形式知のようなものですか」


●師範:
「たとえ優秀な課長であろうと、
無意識にやっていることを言語化できる人とそうでない人がいるはずだ」


○門下生:
「まさしく」


●師範:
「課長たちのやり方に依存していたら、
新入社員のあたりまえの基準が下がっていってしまう。
組織の正しい知識を、正しいやり方で共有すべきだ」


○門下生:
「それを怠ると、今年も去年の二の舞ですね」


----------------------------------------------------------------------

……今週中に、

『組織コミュニケーションを円滑にする「情報ナレッジ化」の思考と技術』

というテーマの教材を販売する予定です。

若手社員の早期戦力化は「働き方改革」をするうえで不可欠と言われています。

個人に任せるのではなく、
今こそ組織の「知」を正しく共有するノウハウが必要ですよね。

またご案内いたします。


----------------------------------------------------------------------

【28点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成新入社員研修」で扱う13種類の【絶対達成クレド】を
どうやったら手に入るか、問合せがいくつか入っています。

13種類の「絶対達成クレド」とは、

・絶対達成ポリシー
・マインド
・行動規範
・執念と革新
・努力の指標
・プランニング
・コミットメント
・プロ意識
・労働時間
・仕事の優先順位
・信頼関係
・感謝の精神
・ホスピタリティ

……で構成されています。

このうち、大半が新刊の「絶対達成入門」で網羅されています。

■ 入社1年目からの「絶対達成」入門
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860639723/mysterycon0c-22/ref=nosim

やはり4月になってから、売れ行きが大きくなってきましたね。
これからの季節の本です。

「絶対達成新入社員研修」も「絶対達成入門」も、
どうぞよろしくお願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕「絶対達成新入社員研修」は4月に東名阪で開催!
   「あたりまえの基準」をアップするカリキュラムが満載

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年3月末から、ゴールデンウィーク前まで、
当社のコンサルタントは「新入社員研修」の対応で奔走しています。

特に近年は「新入社員研修」のオファーが増えています。
「絶対達成マインド」を新人のころから持ったほうが、
定着率がアップすることが立証されているからだと思います。

何事も最初が肝心。
ストレス耐性の高い時期に脳と体を使って鍛えておかないと、
「あたりまえの基準」をなかなか上げることはできません。

たった「2日間」でも、マインドは劇的に変化します。
新入社員の「あたりまえの基準」を引き上げる研修が4月にあります。


【大阪 4/6~7】絶対達成新入社員研修
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/02743.html
【東京 4/11~12】絶対達成新入社員研修
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/02741.html
【名古屋 4/13~14】絶対達成新入社員研修
http://www.attax.co.jp/seminar/detail/02742.html


ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕絶対達成プライム4月号は「予材を増やす販促物とは?」。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   コピーライティングの名著を3冊合わせた、あの本!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」4月号は、
「予材を増やす販促物とは?」がメインテーマ。

自社の商品やサービスを販売するために、チラシやDM、ホームページなど
いわゆる「販促物」を用意すると思います。

この販促物を、この4月号では
どのように作成していけばいいのか「4つの切り口」で解説しています。

詳しくは今月のプライムオーディオセミナーで!


■ 絶対達成プライム会員「4月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■『最強のコピーライティングバイブル』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478028826/mysterycon0c-22/ref=nosim

です。

『ザ・コピーライティング』
『伝説のコピーライティング実践バイブル』
『ザ・マーケティング【基本篇】【実践篇】』
の名著3冊(2000ページ超)を、1冊(280ページ)に凝縮しています。