2017年8月14日

【「自分に勝った感」を日々覚えてますか?】メルマガ草創花伝 vol.935

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『「自分に勝った感」を日々覚えてますか?』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、先ほどまで全米プロゴルフ選手権を観ていました」


●師範:
「先ほどまでって……。たった今だろう、終わったのは」


○門下生:
「はい。たった今です。松山選手、本当に残念でした」


●師範:
「あと一歩だったか」


○門下生:
「最終日で単独トップに立ったんですが、
16ホールのボギーが、本当に痛かったです……。
ジャスティン・トーマスとの相性が悪いとしか、いいようがないですね」


●師範:
「ゴルフは精神力7割、技術力3割と言われている。
技術もそうだが、精神力はもっと大事だ」


○門下生:
「仕事もそうですか」


●師範:
「仕事も精神力が大事だ。技術よりも」


○門下生:
「そうですよね」


●師範:
「松山英樹さんもスゴイだろうが、
私が最近、この精神力はすごいと思えた人がいる」


○門下生:
「スポーツ選手ですか」


●師範:
「そうだ」


○門下生:
「誰ですか、それは」


●師範:
「中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手だ」


○門下生:
「岩瀬……って、まだ投げてたんですか?」


●師範:
「そう思われても仕方がないだろう」


○門下生:
「へえ」


●師範:
「8月6日のジャイアンツ戦で今季2セーブ目をあげ、プロ野球新記録の
『950試合登板』を成し遂げた。最多セーブ数も404に伸ばした」


○門下生:
「950試合登板というのは、大記録なんですか」


●師範:
「大記録だ。40年ぶりに塗り替えたんだから」


○門下生:
「……」


●師範:
「岩瀬投手は1999年から2013年まで、
15年連続で50試合以上に登板している。鉄人だ」


○門下生:
「体が強いだけじゃなく、勝利に貢献できるから起用されるんですよね」


●師範:
「もちろん。しかし、2016年までの3年間はケガの影響などもあって
登板数が減っていた」


○門下生:
「とっくに引退していたと思ってました」


●師範:
「すでに42歳だからな。
しかし今季のドラゴンズでは主力としてフル回転している」


○門下生:
「フル回転?」


●師範:
「なんと現在ですでに47登板しているんだよ」


○門下生:
「えっ!」


●師範:
「このままケガさえなければ、確実に今季も50登板を超える」


○門下生:
「なんという鉄人……」


●師範:
「精神力だ。一度は引退を決意しても、踏みとどまった。
こんな復活劇は、なかなかないぞ。もう一度言う。岩瀬投手は今季主力だ」


○門下生:
「……精神力」


●師範:
「技術も重要だが、精神力はもっと重要だろう。
ケガのないビジネスの世界なら、精神力の比重はもっと高いかもしれない」


○門下生:
「はい」


●師範:
「君はいくつか」


○門下生:
「49歳です」


●師範:
「課長から係長に降格になったそうだな」


○門下生:
「はい。私の上司は、15歳年下の34歳です。アゴで使われてます」


●師範:
「腐るな。腐ったら終わりだ。
松山英樹選手も、岩瀬仁紀投手も腐らないからこそリスペクトされる」


○門下生:
「はい」


●師範:
「自分に負けたら終わりだ」


----------------------------------------------------------------------

……最近、私が気に入っているフレーズは「自分に勝った感」です。

スポーツと同じ、仕事も「勝負ごと」だと受け止めて立ち向かっていくのです。

今朝、書いたヤフーのコラムをご紹介します。

■先延ばしのクセは「自分に勝った感」でなくなる
https://news.yahoo.co.jp/byline/yokoyamanobuhiro/20170814-00074505/

----------------------------------------------------------------------

【37点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラムで書いたとおり、どんなノウハウがあろうとツールがあろうと、
自動的に先延ばしのクセがなくなることはありません。

必ず「気持ち」が必要なのです。

しかし、何かいいツールも知りたいという方には、
いまベストセラーとなっているこちらの書籍を紹介します。

私はノートではなく、こちらで紹介されている「昨日した事実」と「感想」
をロディアのメモに書いてバックトラッキングするようにしました。

■ 先延ばしは1冊のノートでなくなる
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479795901/mysterycon0c-22/ref=nosim

ノートじゃなくても、紙でもパソコンでも、このやり方は使えますね。

※著者の大平信孝さんは、
「行動イノベーション」の書籍もベストセラーになっていますね。
要チェックです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕絶対達成プライム8月号は「ツイスター型チームのつくり方」。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   強烈にインパクトのある朝礼を日本に広めたアノ方の本!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」8月号は、
『ツイスター型チームのつくり方』がメインテーマ。

大量行動して要らないものを吹き飛ばしていく、竜巻のようなチームが
「ツイスター型チーム」。

「超行動」「朝の早出」「リアルタイムコミュニケーション」「モバイル」
の4つの観点で解説します。

ポイントはなんと言っても「フィールドタイム」の設定方法です。

■ 絶対達成プライム会員「8月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■ すごい朝礼 (たった15分の習慣で人生が変わる)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774514969/mysterycon0c-22/ref=nosim

チームのやる気、能力を最大限に引き出す朝礼のやり方を知ることができます。
(説明不要ですよね。大嶋啓介氏の集大成です)