2017年8月28日

【目標達成のための「カウントダウンの技術」】メルマガ草創花伝 vol.939

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『目標達成のための「カウントダウン技術」』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「わが社は12月決算です。このままだと今期も目標達成できません」


●師範:
「君は営業じゃないだろう」


○門下生:
「営業企画室です。でも目標があるのです」


●師範:
「どんな?」


○門下生:
「営業の生産性をアップさせることです。
プロジェクトチームを作ってまで口酸っぱく言ってきたのですが」


●師範:
「達成しそうにないのか」


○門下生:
「このままだとムリですね。社長からは厳しく言われているんですが」


●師範:
「ところで、どうなっていたら生産性がアップしたことになるんだ?」


○門下生:
「え」


●師範:
「私の言っていることが聞こえなかったのか?」


○門下生:
「いや、そういうわけではないんですが」


●師範:
「じゃあ、いちいち聞き返すな。
どうなっていたら生産性がアップしたことになるんだ?」


○門下生:
「えっと、業務がもっと効率化したら生産性がアップしたことになります。
残業が減るだけでなく部下が育ってはじめて生産性が上がったと言えますし」


●師範:
「何を言ってるんだ……」


○門下生:
「でも、なかなかうまく表現できないんです」


●師範:
「君は目標を達成させたいと言ってたじゃないか」


○門下生:
「そうです。営業の生産性向上が私の目標です。
営業をバックから支援することが、わが部署のミッションですから」


●師範:
「君とこのように話をしていても生産性が悪いだけだ。
『カウントダウン思考』を伝授したい」


○門下生:
「カウントダウン思考?」


●師範:
「目標には、期限と数字が必要だ。いつまでに、いくらまでやればいいか。
これをハッキリさせると、目標設定が正しくできたと言える」


○門下生:
「そう、でしょうね」


●師範:
「目標を絶対達成させたいんなら、カウントダウンする習慣をつけろ」


○門下生:
「……な、なんかイヤな予感が」


●師範:
「営業の目標で考えたらわかりやすい。
期末まであと2ヶ月。1億の目標まであと2500万、という感じでやる」


○門下生:
「……」


●師範:
「コツは、何も見ずに言うことだ。
これぐらいのことは、常に頭の中に入れておかないといけない」


○門下生:
「けっこうプレッシャーになりますね」


●師範:
「もしカウントダウンをやりはじめてプレッシャーになるなら、
その目標に対して本気で取り組んでないということだ」


○門下生:
「!」


●師範:
「高校受験とか大学受験とか、がんばってる子たちはやってるだろ」


○門下生:
「そうですね、試験日まであと46日……とか」


●師範:
「本気で合格したいから、カウントダウンするんだよ」


○門下生:
「ううう」


●師範:
「カウントダウンしろと言って葛藤するヤツは、間違いなく口先だけだ。
口では『目標を達成させたい!』と言っておきながら、実はその気がない」


○門下生:
「耳が痛いです」


●師範:
「12月が期末なんだろ?」


○門下生:
「はい」


●師範:
「営業生産性アップを達成させるために、
毎日でも毎週でもいいからカウントダウンしていけよ」


○門下生:
「そのためには当然、明確な数値目標が必要です」


●師範:
「よく気付いたな。
適当な気持ちで目標を掲げているヤツはカウントダウンそのものができない」


○門下生:
「……」


●師範:
「そう思わないか?」


○門下生:
「シンプルだけど、ものすごく深いですね。カウントダウン思考って」


●師範:
「複雑にすればするほど、マネジメントというのはうまくいかない。
そういうもんだ」


----------------------------------------------------------------------

……今回取り上げた「カウントダウンの技術」は、

9月14日(木)の絶対達成社長の会の講義テーマです。

カウントダウンのコツや思考パターンのみならず、
グラフの描き方までご紹介いたします。

ご興味がある方はぜひお越しください! 経営者以外の方も参加できます。
(全国7ヶ所の会場がありますが、それ以外にバーチャル会場もあります!)

■「絶対達成社長の会」のスケジュール
http://pag-presidents.jp/category/schedule/

9月のホスト会場は、私の地元、名古屋!

----------------------------------------------------------------------

【52点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年、情報リテラシーというものは本当に大事になってきていると思います。

「AI」にしても「SNS」にしても「ビットコイン」にしても、
よくわかっていない人ほど強い先入観を持ちます。

そしてリテラシーの低い人とだけ意見交換して、
時代に遅れている自分を慰めようとします。

9月初週で終わる「ザ・インパクト オンライン講座」の登録者数が、
昨日の時点で【2700名】を超えたそうです。

まるでテレビのトーク番組のような映像をオンライン上で視聴することに
2年前の私なら抵抗をしていました。

スマホやパソコンで学習することに、なんとなく抵抗を覚えたからです。
(DVDとかCDならまだしも)

しかし、今はこれが普通になってきました。

講座はあと10日ほどで終わります。もしご興味のある方はご視聴ください。

■「ザ・インパクト【オンライン講座】第一話」
http://forestpubafc.com/lp/14125/756973

※ビジネスの絶対達成の話は一切しませんのでご注意を!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕【10月もやります!】人工知能セミナー「AIによる組織大変革」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月24(火)日に、再びAI(人工知能)セミナーを開催します。

AIが得意とする「認識能力」を最大限に生かし、
総労働時間の20%以上の削減、スタッフの能力向上へ導く手法とは?

3月も、6月も、8月も開催しましたが、1ヶ月以内で満員となりました。

【東京 10/24】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
https://www.attax.co.jp/seminar/detail/252

※大阪は残席わずかです!

【大阪 9/12】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
https://www.attax.co.jp/seminar/detail/234


本セミナーは、「IBMワトソン」のエコパートナー企業(日本初)である、
木村情報技術様との共催です。

「IBMワトソン」を活用したソリューションを、
すでに大手企業で導入し始めており、その事例を知ることもできるでしょう。

ご興味のある方は、ぜひお越しください。