2017年10月6日

【人間関係をよくする5つのフレームワーク】メルマガ草創花伝 vol.951

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『人間関係をよくする5つのフレームワーク』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、私は人間関係に悩んでます」


●師範:
「大丈夫だ」


○門下生:
「え」


●師範:
「人間関係で悩んでないヤツは、ただのバカだ。まともな人間である証拠だ」


○門下生:
「慰めてくれてありがとうございます」


●師範:
「確かに、単なる慰めだがな」


○門下生:
「……そ、そうですか」


●師範:
「人間関係といっても、いろいろあるだろう。誰との関係だ?」


○門下生:
「私は総務の主任をしています。上司の課長との関係もイマイチですが、
やはり部下でしょうか」


●師範:
「部下との人間関係か。よくある話だ」


○門下生:
「はい……」


●師範:
「なんだその顔は? 部下にビビッてんのか?」


○門下生:
「ビビってる? そんなことありませんよ」


●師範:
「本当か?」


○門下生:
「ビ、ビビッてなんかいません」


●師範:
「じゃあ、ナメられてんのか?」


○門下生:
「ナメ……られ、てんの、でしょう……か?」


●師範:
「は?」


○門下生:
「いや、あの……わかりません」


●師範:
「君の言うことを部下が聞かないなら、ナメられてんだ」


○門下生:
「すべて聞かない、というわけではないですよ……」


●師範:
「あたりまえだ! 君が言うことを全部聞かない部下がいるか!」


○門下生:
「そ、そうですね」


●師範:
「論理思考力が落ちてる。反論の仕方がおかしい」


○門下生:
「そうですね……。いや、実はその」


●師範:
「なんだ?」


○門下生:
「部下とだけじゃなく、実は他にも人間関係をおかしくしてることが……」


●師範:
「なんだ、家庭か?」


○門下生:
「そうですね……。妻の弟さんとの関係をかなり悪くしてます」


●師範:
「そうなのか」


○門下生:
「あと、週末にソフトボールを一緒にやってる仲間がいるんですが、
そのチームメイトとも最近ぎくしゃくしてて」


●師範:
「悩みが深いな」


○門下生:
「私は最近、人間関係をうまくできない特殊な何かを持ってるんでは、
そう思うようになってきました」


●師範:
「そんなことはない。もっと論理的に考えられるようになれ」


○門下生:
「師範、本当にそうですか?」


●師範:
「あたりまえだ。たとえばだ、私はすごく道に迷う」


○門下生:
「え! 師範が?」


●師範:
「そうだ。すごく方向音痴なんだ。だが、ちゃんとテクニックを使えば
道に迷うことなどなくなる。どういう目印を頭に入れて、どのように道順を
覚えたら道に迷わないか、ちゃんとした技術があるんだよ」


○門下生:
「そうすれば、いくら方向音痴の人でも道に迷わなくなると」


●師範:
「そうだ。スマホの地図アプリなんかなくても大丈夫だ。
それと同じ。ちゃんとしたテクニックを知っていれば、人間関係なんて
誰でもうまくいく」


○門下生:
「本当ですか?」


●師範:
「ニューロロジカルレベルをまず頭に入れろ。つまり目印だ。
アイデンティティ、価値観、能力、行動、環境の、5つのフレームワークを
まず持つ」


○門下生:
「5つのフレームワーク……」


●師範:
「それぞれの切り口で、相手との関係をどうメンテナンスするか。
それを意識するだけでうまくいく。迷子にならないのと同じテクニックだ」


----------------------------------------------------------------------

……今月の「絶対達成プライム」のメインテーマが、

「人間関係をよくする5つのフレームワーク」です。

とても普遍的で大切なテーマですよね。多くの方からリクエストがあり、
解説しました。

先述したニューロロジカルレベルを意識したうえで、「場の空気」を作り方
自燃人・可燃人・不燃人の見極め方、照れをなくしたリーダーのあり方、
評論家タイプの部下を撃退する分析手法……などを語っています。

今月は特別なプライムセミナー「絶対達成アクションミーティング」も
無料で視聴できる月です。

入会がまだの方は、この機会にぜひ!

http://zettaiprime.jp/admission/

----------------------------------------------------------------------

【18点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社は9月決算ですので、10月1日から新しい期がスタートしています。

おかげさまで、目標達成はもちろんのこと。
過去最高の業績を記録しました。

100%、部下たちの功績です。

過去、素晴らしい上司たちと出会い、感謝したことは幾度もありますが、、
素晴らしい部下たちと巡り合い、こんなにも尊敬したことはありません。

本当に幸せです。

さて明日は、そのうちの素晴らしすぎる部下のひとり、

「山本なつみ」の処女作の出版日。

ものすごく前評判がよく、とても期待しています。

全力で応援します! 明日の号外メルマガをお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕【残り29本 あと12日】「絶対達成クレドDVD」の注文が殺到!
   10月18日まで10%オフキャンペーンのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8年前に出して大ベストセラーとなった「組織営業力アップDVD」シリーズ
を完全リニューアル。

その名も、『すべての営業組織のための「絶対達成クレド」』。
(実際に、15種類のクレドが書かれた「クレドカード」が同梱されます)


■DVD教材「すべての営業組織のための 絶対達成クレド」
http://attax-sales.jp/products/credo/

10月18日まで発売記念10%オフキャンペーンを行います!
54,540円 → 【49,086円」】

※【100本限定】ですので、100本売れたら1ヶ月待たずしてキャンペー
ン終了です。すでに先行販売で71本売れているので、あと「29本」。


<インデックス>

■第一部(1時間45分)
・誰もが「絶対達成」できる本当の理由
・脳の「刺激―反応モデル」解説
・なぜ「絶対達成=厳しい」という誤解が起こるのか?
・営業の仕事は目標を達成させること
・思考パターンを変革するキーワード
・感情に振り回される「感情系優位」になるな!
・「学習の4段階」ですべてのキーワードを整理する

■第二部(1時間27分))
・現状維持バイアスをはずせ!
・まずはアプローチ量をロックしてやり切る
・無意識的有能になってからリターンをロックする
・最低必要努力投入量(MER)の見つけ方
・「大数の法則」で理論的確率を知り、効率化を言い訳にしない
・「損失回避性」が執念を作り上げる
・ラポールと単純接触効果

■第三部 (1時間28分)
・15種類の「絶対達成クレド」完全解説


激しく熱い大作DVDです。
ご興味のある方、ぜひご注文ください!


■DVD教材「すべての営業組織のための 絶対達成クレド」
http://attax-sales.jp/products/credo/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕絶対達成プライム10月号は、
  「人間関係をよくする5つのフレームワーク」です。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   心を浄化し、人生を変えるあのベストセラーです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」10月号は、
『人間関係をよくする5つのフレームワーク』がメインテーマ。

悩みの大部分は人間関係と言われています。
今回は人間関係の中でも上司と部下の関係についてお伝えいたします。

ニューロロジカルレベルを用いて、人間関係をよくするにはどうしたら良いの
かを解説いたします。

後半は上司が部下と接する上で役立つ、具体的なテクニックをお伝えしており
ます。


■ 絶対達成プライム会員「10月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■ 「そ・わ・か」の法則
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763197479/mysterycon0c-22/ref=nosim

大ベストセラー「100%幸せな1%の人々」の原点にもなったと言える、
小林正観氏の名著。

亡くなられてすでに6年以上が経過しているのに、
いまだ「ありがとうの神様」など、売れ続ける著書が多数。

人間関係をよくしたいなら、必読と言えるでしょう。