2018年3月1日

【ノウハウだけでは結果が出ない理由】メルマガ草創花伝 vol.994

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『ノウハウだけでは結果が出ない理由』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「私の営業部の結果が、ぜんぜん出ないのです。いろいろな研修を受けて、勉
強はしているのですが。なかなか結果がともなわないです」


●師範:
「どれぐらい研修を受けてるんだ」


○門下生:
「2017年は、1人100万円をかけました。30人の営業に対して、30
00万です」


●師範:
「それなら、けっこう金額をかけてるな」


○門下生:
「ええ。人がいちばんの経営資源ですからね。当然です。しかし、いっこうに
結果が出ません。研修の講師に聞いてみたら、『これだけ研修をして結果が出
ない会社はあまりないですね』と」


●師範:
「研修の講師だからな。研修は、あくまでも研修だよ」


○門下生:
「1人、年間10回も講義を受けたのに」


●師範:
「どんな研修だ?」


○門下生:
「まず経営数値の読み方です。まずは経営を知らなくてはいけませんから」


●師範:
「なるほど」


○門下生:
「それからマーケティングです。次に物流。IT技術。そしてコミュニケーシ
ョン。ロジカルシンキング、とかです」


●師範:
「あんまり営業に関係がなさそうな研修ばかりだが」


○門下生:
「経営全般についてだけでなく、ビジネストレンド、一般スキルについて学ん
でもらおうと思いまして」


●師範:
「それは、いいだろうが。それで?」


○門下生:
「コミュニケーションやロジカルシンキングの研修は役立ちましたよ。営業に
も活かせます」


●師範:
「私が渡した『予材管理』の本は?」


○門下生:
「あれも30人全員、読みました。社内で勉強会を開きましたから」


●師範:
「そんなに勉強していて結果が出ないと、さすがに君もツラいだろうな」


○門下生:
「私の部下たちに問題があるとしか……」


●師範:
「そうだろうか」


○門下生:
「娘にも言われました。しかし、他の会社は結果が出てる、と言うんですよ」


●師範:
「娘?」


○門下生:
「実際に、何社か、結果をだした企業を紹介してもらったのです。だから信用
しました」


●師範:
「ロジカルシンキングとかコミュニケーションとか、とても抽象度の高いノウ
ハウだ。そんなノウハウで結果を出せた、ということは、そのノウハウを現場
に落とし込むスキルが相当高い、と言える」


○門下生:
「落とし込むスキル?」


●師範:
「よく言うだろう? 現場に落とし込め、って」


○門下生:
「はい」


●師範:
「その『落とし込み』だよ」


○門下生:
「落とし込み……」


●師範:
「抽象的なノウハウを、現場の事情に合わせて、具体的に落とし込むことがで
きるか、だ」


○門下生:
「……」


●師範:
「研修の講師は、抽象的なノウハウを伝えるだけだ。しかし、そのノウハウを
具体的に落とし込むのは現場の仕事」


○門下生:
「どんなに素晴らしいノウハウでも、落とし込むチカラがなければ、何にもな
らない、ということですか」


●師範:
「そのとおり」


○門下生:
「ノウハウのせいでは、ないんですね」


●師範:
「あたりまえだ」


○門下生:
「正直なところ、あの予材管理の本を読んで、どうやって当社に適用していい
かわからなかったのです」


●師範:
「本は参考になるだろ」


○門下生:
「ええ。営業はみんな参考になる、と言いました。だからといって、その理論
をどう組織に落とし込むことができるか、それがわからない」


●師範:
「落とし込むノウハウなんて、あるわけがない。現場はそれぞれに違うんだ」


○門下生:
「おっしゃる通りです」


●師範:
「現場に入るコンサルタントなら、一緒になって試行錯誤をしてくれるだろう
が、研修講師はノウハウを伝えるだけ。自分たちで創意工夫するしかない」


○門下生:
「組織に、試行錯誤する文化があるか、ですか」


●師範:
「そうだ」


○門下生:
「確かに……」


●師範:
「試行錯誤とは、実践するだけでなく、どれほど間違えるか、だ。錯誤とは、
間違えること、誤ることを意味する」


○門下生:
「間違える数が多いほど、試行錯誤しているとも言えますか」


●師範:
「ノウハウだけ手に入れて、すぐ成功するだなんてあり得ない」


----------------------------------------------------------------------

……試行錯誤をするクセを身に付けるためには、「抽象化」「具体化」
「チャンクアップ」と「チャンクダウン」のトレーニングすることです。

3時間超の大作となった「絶対達成LIVE2018総集編」のメインテーマ
が「試行錯誤」そして「落とし込み」の技術です。

「予材管理ショットミーティング」がなぜ、試行錯誤のトレーニングに役立つ
か、詳しく解説しました。

今日3月1日から2週間、3月15日までの【限定販売】です。
(100本なくなった時点で、期間を待たずして終了)

ご興味のある方はぜひ!

■【限定100本】新春セミナー「絶対達成LIVE2018」総集編
http://attax-sales.jp/lp/live2018w-sh/

※「絶対達成日めくりカレンダー」が特典としてつきます。限定100本。


----------------------------------------------------------------------

【19点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月に滝行に参加し、4月にも行きます。(現在20名ぐらいが参加を表明)

1月の滝は、確かに寒くて大変でした。しかし4月の滝行のほうが本格的のよ
うです。

その滝行にそなえて? 毎日冷水シャワーを浴びています。

毎日2分間、頭からかぶっています。1分をすぎると、頭の中が真っ白になる
ほど、「キンキンの状態」になります。

しかし、2月27日から、たいして冷たさが気にならなくなりました。
冷水シャワーを浴びながら、「春の到来」を感じた瞬間でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕【3月15日】「予材管理ショットミーティング」を大阪で!
   東京は「4月23日」に開催!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年から東京でスタートした「予材管理」の勉強会、「予材管理ショッ
トミーティング」を大阪でも3月に開催します。

講師は私、横山です。

■ 第3回 予材管理ショットミーティング
【大阪 3/15】http://attax-sales.jp/seminar/open/4669/

金額は安く、昼食会も用意しています。

ただ、拙著「予材管理のすべて」は必ず読んだうえでご参加ください。

予材管理ケーススタディをしたあと、グループディスカッション、グループプ
レゼンをしてもらいます。

とても気付きの多い勉強会です。
(定員オーバーの場合、絶対達成プライム会員を優遇いたします)

※東京は4月23日。「残席7名」です。
【東京 4/23】http://attax-sales.jp/seminar/open/4534/