2018年3月12日

【ムダな会議資料、ベスト3】メルマガ草創花伝 vol.997

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『ムダな会議資料、ベスト3』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、手に入れました。こちらが資料です」


●師範:
「なんだ、こりゃ」


○門下生:
「このたびM&Aで、当社グループに仲間入りしたZ社が営業会議で使ってい
る資料です」


●師範:
「まず根本的なことがダメだ。何かわかるか?」


○門下生:
「えーっと……」


●師範:
「パッと見てわかる、ダメ会議資料の特徴を教える。この資料には、重要なこ
とが足りない」


○門下生:
「……わ、わかりません。足りないこと、ですか」


●師範:
「タイトルだよ」


○門下生:
「あ!」


●師範:
「この資料には、タイトルが書かれていない」


○門下生:
「そ、そうですね」


●師範:
「『資料のタイトルなんて、そんなに重要なんですか?』と言いたげだな」


○門下生:
「あ、いえ、その」


●師範:
「この資料に、何を表現したかったのか。どんな目的でつくったのか。それが
わからない人には、タイトルをつけることは難しいだろう」


○門下生:
「そうでしょうね」


●師範:
「資料のタイトルを見れば、作成者の意図がわかる。つまり、タイトルがない、
ということは、作成者の意図もない、ということだ」


○門下生:
「つまり、資料をつくらなければならないから、ただつくっただけ、という」


●師範:
「そうだ。『手段の目的化』だ」


○門下生:
「うーん」


●師範:
「それと、なんだ。このグラフは? 状態をあらわすのに折れ線グラフを使い、
推移をあらわすのに円グラフをつかっている。メチャクチャだ」


○門下生:
「……」


●師範:
「グラフを立体的に加工するな。表もカラフルすぎる。遊びすぎだ。これを作
ったヤツは、暇なのか?」


○門下生:
「Z社の幹部や中間管理職は、会議ばかりやってます」


●師範:
「だろうな。会議の合間に資料をつくり、メールチェックして、毎日をすごし
ているはずだ」


○門下生:
「いちばん大事な、部下とのコミュニケーションが全然できていない……」


●師範:
「そうだ」


○門下生:
「資料ひとつで、いろいろなことがわかりますね」


●師範:
「会議に出なくても資料を見るだけでわかる。マネジメントのクオリティが
な」


○門下生:
「事業に魅力があって買収したのですが、マネジメントがただしく機能してい
ないことが、あとから発覚しました」


●師範:
「時間をかけて経営陣と関係を構築し、徐々にマネジメントのやり方にまで介
入したほうがいい。今のままでは、組織が機能しない」


○門下生:
「PMI、つまりポスト・マージャー・インテグレーションは簡単ではありま
せんね」


●師範:
「M&Aは、その後がすべて。結婚も同じだな」


○門下生:
「結婚も、結婚するまでより、結婚したあとが大事でしょうから」


----------------------------------------------------------------------

……会議で使われている資料、マネジメントに使われている管理資料を見るだ
けで、その会社のマネジメントの状態が一発でわかります。

業績の悪い会社ほど、ムダな会議が多いし、ムダな管理資料が多い。それはな
ぜか? そしてどんな資料がムダなのか。

ランキング形式で書きました。

■発表! ムダな「会議資料」ランキングベスト3!
https://news.yahoo.co.jp/byline/yokoyamanobuhiro/20180312-00082624/

----------------------------------------------------------------------

【19点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週金曜日(3月16日)、第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞
に出席いたします。

今回は、経済産業大臣賞に「萩原工業株式会社」、厚生労働大臣賞に「コネク
シオ株式会社」が選ばれたそうです。

授賞理由を知ると、その会社の崇高さがわかります。

とても楽しみです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕絶対達成プライム3月号は、『5つのクロージング技術』です。
   そして今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   聖書に次いで多く読まれている超ロングセラー!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」3月号は、
『5つのクロージング技術』がメインテーマ。

クロージングはゴルフのパターのようなものです。

パターの技術があがらないかぎりスコアが伸びないのと同じように、クロージ
ングの技術があがらないかぎり、営業成績は伸びません。

予材コンバージョン率をアップさせるためにも、クロージングの技術を学んで
ください。

■ 新しくなった「絶対達成プライム」のページはこちら!
http://zettaiprime.jp/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■ 「原因」と「結果」の法則
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763195093/mysterycon0c-22/ref=nosim

すでに多くの人が読んでいると思います。
聖書に次いで多く読まれている超ロングセラー。

なぜ人はそのように意思決定するのか。その原因とは何か? を探る、名著中
の名著。

他人に意思決定をうながす際に、ぜひ参考にしていただきたい一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕【残り22本】「絶対達成LIVE2018総集編」 あと4日!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

試行錯誤をするクセを身に付けるためには、「抽象化」「具体化」
「チャンクアップ」と「チャンクダウン」のトレーニングすることです。

3時間超の大作となった「絶対達成LIVE2018総集編」のメインテーマ
が「試行錯誤」そして「落とし込み」の技術です。

「予材管理ショットミーティング」がなぜ、試行錯誤のトレーニングに役立つ
か、詳しく解説しました。

3月15日までの【限定販売】です。
(100本なくなった時点で、期間を待たずして終了)

ご興味のある方はぜひ!

■【残り29本】新春セミナー「絶対達成LIVE2018」総集編
http://attax-sales.jp/lp/live2018w-sh/

※「絶対達成日めくりカレンダー」が特典としてつきます。限定100本。