2018年4月16日

【自分の「やる気ボタン」を見つける】メルマガ草創花伝 vol.1007

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『自分の「やる気ボタン」を見つける』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「4月になって、新しい部下が増えました。心機一転、がんばろうという気持
ちがあったのですが」


●師範:
「どうした」


○門下生:
「なぜか、やる気が出ません」


●師範:
「そうなのか」


○門下生:
「ええ」


●師範:
「どうしようもないな。君はもう38歳だろう」


○門下生:
「どうしようもないでしょうか。でも春って、だいたいやる気が上がらない季
節ですよね」


●師範:
「だいたいやる気が上がる季節だと思うぞ」


○門下生:
「そうですか……。どうしたらいいかわかりません」


●師範:
「たとえ話をしよう」


○門下生:
「たとえ話ですか。ぜひ!」


●師範:
「君は海外旅行が好きだったな」


○門下生:
「はい。海外旅行というより、飛行機に乗るのが好きです。遠い場所へ行くの
が、特に好きです」


●師範:
「たとえば、どこだ」


○門下生:
「北アメリカなら、ニューヨーク、ボストン、モントリオール、南アメリカな
ら、リオにブエノスアイレス、サンディエゴなど、わざわざ遠いところを選択
します」


●師範:
「そんな飛行機好きの君なら、さぞかしコクピットには憧れるだろう」


○門下生:
「もちろんです」


●師範:
「大きな窓の下には、無数のボタン、レバー、ダイヤル、スイッチ……が並ん
でいる。思わず、圧倒される光景だ」


○門下生:
「飛行機のコクピットには、ロマンが詰め込まれています」


●師範:
「もし君がブエノスアイレス行きの飛行機に乗るとき、機長が君にこう尋ねた
ら、どう感じる?」


○門下生:
「え」


●師範:
「『どのボタンを押すと、飛行機を飛ばすことができるんだい?』と」


○門下生:
「……ジョークで、ですか?」


●師範:
「機長が本気で、君にそう尋ねたらどうする?」


○門下生:
「……信じられないです」


●師範:
「信じられないだろう」


○門下生:
「そんな機長はいないはずです。いや、いるわけがないですよ」


●師範:
「いや、多くの人が、ボタンの役割も知らずに操縦しているのだ。自分の人生
を」


○門下生:
「……」


●師範:
「君のやる気のボタンは、どこにある?」


○門下生:
「……え」


●師範:
「君のやる気スイッチはどこにあるんだ?」


○門下生:
「……」


●師範:
「どのレバーをどのように操作することで、君のやる気はアップするんだ」


○門下生:
「……わ」


●師範:
「……」


○門下生:
「わかりません」


●師範:
「君という飛行機を操縦しているのは誰だ? 君の会社の社長か? 部長か?
それとも奥さんか? それとも私か?」


○門下生:
「……」


●師範:
「君という飛行機の機長は、君自身だ。なぜそんなことも知らない? そんな
ことも知らずに、よくこんな長い人生を航行してきたな」


○門下生:
「た、確かに」


●師範:
「この話は、スティーブ・チャンドラーの書籍に出てくるエピソードだ。なか
なかいいだろう」


○門下生:
「……」


●師範:
「どうした?」


○門下生:
「そのたとえ話、すごくいいですね。ショックでした」


●師範:
「やる気が上がらないとき、どのボタンを押せばいいか、それぐらい知ってい
てもいいはずだ。自分のことなのだから」


○門下生:
「やる気が上がるか上がらないかは、ずっと自分以外の何かのせいだと決めつ
けてきたからだと思います」


●師範:
「何かが自分のやる気をアップさせてくれる、と待っていても、どうしようも
ない」


○門下生:
「はい」


●師範:
「気付いただけで、いい」


○門下生:
「師範は、どのようにやる気のボタンを押しますか」


●師範:
「私は、ちょっとキツイと思えるぐらいの期間、学校や講座に入って勉強する
ことにしている」


○門下生:
「え? 師範が?」


●師範:
「実は、4月から新しい講座を受講しにいっている。1年は通うよ」


○門下生:
「師範が講座を受講するんですか?」


●師範:
「おかしいか?」


○門下生:
「どうしてですか?」


●師範:
「だから、やる気のボタンを押すためだよ。自分はそうすることで、やる気が
急上昇すると、わかってるからだ」


○門下生:
「大変でしょう?」


●師範:
「大変だ……。何時間も講師の話を聞いて、他の受講生とディスカッションす
るのは、けっこうキツい。それに想像していた以上に宿題も多かったしな」


○門下生:
「それを1年もやるんですか」


●師範:
「やるよ」


○門下生:
「すごいですね」


●師範:
「ひとつだけ、知っておいてほしいことがある」


○門下生:
「なんでしょう?」


●師範:
「常に学んでいない者が、人を指導する資格はない」


○門下生:
「……!」


●師範:
「私から指導を受けなくてもいい。誰から学んでもいい。ただ、学び続けてい
ないヤツからの指導だけは受けるな」


○門下生:
「……」


●師範:
「私は80歳になっても、90歳になっても、誰かの生徒になる」


----------------------------------------------------------------------

……先週、金曜日から「人を大切にする経営大学院」がスタート。

来年の3月に卒業するまで続きます。

講義は充実しています。しかし、

さっそく出された宿題がキツイ――。

同じグループになった経営者の皆さんと企業研究をし、レポートを書き、次回
の講義でプレゼンする準備をしなければなりません。

毎回、こんなに宿題が出るのか、と思うと眩暈がします。

ただ、やる気のスイッチは入りました。

60歳をすぎた経営者も、何人かいらっしゃっていました。
私なんて、まだ若造。

常に勉強し続ける人と、一緒にいたいです。

##__prop_1__##さんは、どうですか?

----------------------------------------------------------------------

【28点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

疲れがたまっているのでしょう。

体のあちこちに「蕁麻疹」が出てきました。

頭で認知していないのかもしれませんが、体が悲鳴をあげているのかもしれな
いですね。

今週は火曜日から、東京 → 茨木 → 群馬 → 東京 → 名古屋 → 長野……と、
土曜日まで移動が続きます。

「一秒でも早く仕事を終わらせる」を合言葉に、メリハリのある行動をしてい
きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕【明日まで】DVD2枚目「無料」キャンペーン(限定各10本)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「メルマガ10周年記念キャンペーン第2弾」は明日17日(火)で終了!

すでに売り切れたDVDもありますので、ご興味のある方は、この機会をお見
逃しなく!


http://attax-sales.jp/lp/10years_dvd/


今回は、それぞれ「10本」のみを対象にキャンペーンをいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕絶対達成プライム4月号は『売り上げアップするブランディング営業』
   そして今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   ブランディングかかわるすべての人が読むべき一冊。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」4月号は、
『5つのクロージング技術』がメインテーマ。

「営業」と「マーケティング」と「ブランディング」を間違えている人がいま
す。

強い営業をすればブランドは毀損しますし、ブランディングばかり考えていた
ら営業ができません。

正しいバランス配分を解説します。


■ 新しくなった「絶対達成プライム」のページはこちら!
http://zettaiprime.jp/materials/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■ブランド論――無形の差別化を作る20の基本原則
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478027595/mysterycon0c-22/ref=nosim

デビッド・アーカーの名著。

ブランディングを営業に生かすやり方は書かれていませんが、そもそも「ブラ
ンディング」とは何か。

情緒的便益、自己表現便益、社会的便益……など。

最低限の知識を得るには、絶対に読んでおくべき一冊です。